国内で確認の標的型攻撃者グループ、2020年は活動再開含む7つ ~ トレンドマイクロ報告

国内で確認の標的型攻撃者グループ、2020年は活動再開含む7つ ~ トレンドマイクロ報告
拡大する(全2枚)
 トレンドマイクロ株式会社は9月16日、2020年の国内に対する標的型攻撃を分析した「国内標的型分析レポート2021年版」を公開した。同レポートは、重要情報流出などの深刻な被害につながる標的型攻撃と、そのネットワーク内に潜む攻撃手法を明らかにするとともに、可視化のために必要な対策の考え方を伝えることを目的としている。

 レポートは「標的型攻撃とは」「国内で確認された標的型攻撃の傾向」「標的型攻撃の可視化と対策」の3章で構成されており、標的型攻撃の中でも、特に法人組織にとって深刻な被害につながる危険のある巧妙な攻撃とその攻撃手法に焦点を当てている。

 2020年は、年間を通じて7つの標的型攻撃者グループによる攻撃を国内で観測した。過去に国内での活動が顕在化していなかった「Lazarus Group」や、2018年末から一時的に国内での活動が活発でなかった「menuPass」などの攻撃者グループの活動再開が特徴的となっている。

 この2つの攻撃者グループの活動の変化は、背景にある国家や組織の戦略方針が変更された結果であると推測され、日本国内の組織が攻撃対象となってきた恐れがあるため、今後の動向に注意が必要としている。一方で「Gamaredon Group」とマルウェア「SUNBURST」を用いる攻撃者グループは、日本国内が最終攻撃目標ではないとみられる。

 トレンドマイクロではこのほか、国内企業の海外拠点・支社を経由して日本国内の本社ネットワークへの侵害が行われたとみられる「BlackTech」による事例を確認しているという。レポートでは、2020年に国内で観測された7つの攻撃者グループについて、試用ツールや攻撃手法などを詳しく解説している。

この記事の画像

「国内で確認の標的型攻撃者グループ、2020年は活動再開含む7つ ~ トレンドマイクロ報告」の画像1 「国内で確認の標的型攻撃者グループ、2020年は活動再開含む7つ ~ トレンドマイクロ報告」の画像2

当時の記事を読む

ScanNetSecurityの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク