アマゾンジャパン合同会社は6月9日、2回目となるブランドプロテクションレポートを公開した。Amazonのストアで販売される商品の真正性を確保し、悪質業者を撲滅する取り組みについて紹介している。

 Amazonでは2021年に、顧客やブランドオーナー、販売事業者を模倣品や詐欺等の不正から保護するために9億ドル以上を投資し、機械学習のサイエンティストやソフトウェア開発者、専門調査員など12,000人以上が取り組んでいる。

 同レポートでは、「Amazonのストアを保護する対策」「ブランドオーナーと協力しブランドを保護していくためのツール」「悪質業者の責任追及」における進展について紹介している。

 同レポートによると、Amazonでは2021年に250万以上の不正な出品アカウントの開設を阻止している。また、自動化されたブランド保護ツールの活用が拡大し効果が向上したことで、ブランドオーナーが発見しAmazonに申告する違反報告件数の平均は、前年から25%減少している。

 Amazonの Counterfeit Crimes Unit(CCU、模倣品犯罪対策チーム)では引き続き、模倣品業者の責任を追及し、2021年には、米国で170以上の模倣品業者に対し民事訴訟を提起、米国、英国、EU、中国で提訴または告発した犯罪件数は600件以上に上り、2020年から300%以上増加している。またAmazonでは、300万点以上の模倣品を突き止め、差し押さえ、適切に処理することで、顧客の被害と小売サプライチェーンでの再販を阻止したとのこと。

元の記事を読む