終戦後の日本で見られた「青空教室」、日本が経済大国になるわけだ!=中国

終戦後の日本で見られた「青空教室」、日本が経済大国になるわけだ!=中国
拡大する(全1枚)

 中国では「教育は最もコストの安い国防である」、「子どもが優れていれば、国の将来も安泰だ」と言われることがある。確かに「教育の質」は国の将来を左右するものであり、教育がそれだけ重要であることを示した言葉だと言えるだろう。

 中国メディアの騰訊は18日、第2次世界大戦で焼け野原になった日本は、学校がなくなってしまっても、「青空教室」として野外で授業を行っていたと紹介し、当時のこうした姿勢からも日本が戦後の奇跡的な復興を遂げることができた要因が見て取れると論じる記事を掲載した。

 記事は、日本は戦後に多くの都市が焼け野原になったが、8月15日のポツダム宣言受諾および投降から8日目に当たる8月23日には文部省が各地の学校に対して授業を再開するよう通知を出したと紹介。そして、敗戦によって日本は街だけでなく、心も焼け野原になってしまったと主張する一方、各地の教師たちは机も椅子もないなか、子どもたちを地面に座らせたままで授業を再開したと伝え、こうした授業は「青空教室」と呼ばれたと紹介した。

 続けて、当時の新聞に日本人読者からの手紙として掲載された「日本を復興させるには教育しかない」といった論調からも、日本人がいかに子どもたちへの教育を重視していたかが分かると主張。そして、青空教室が始まっただけでなく、1946年には東京で学校給食が始まり、1954年には子どもたちの身体的成長を支えるために学校給食法が定められたと紹介した。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「テンセント」に関する記事

「テンセント」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「テンセント」の記事

次に読みたい「テンセント」の記事をもっと見る

中国ニュースランキング

中国ランキングをもっと見る
お買いものリンク