夏に向けてこんがり!北京で日焼けサロンが流行

夏に向けてこんがり!北京で日焼けサロンが流行
北京市でホワイトカラー層を中心に「日焼けサロン」が流行しているという。中国網が伝えた。<br>(サーチナ&CNSPHOTO)
 北京市でホワイトカラー層を中心に「日焼けサロン」が流行しているという。中国網が伝えた。

 北京市内にある日焼けサロンにやってきた若い男性は、「夏が近づいている今、日焼けは絶対におしゃれ」と小麦色ならぬ「古銅色」の肌を目指してせっせと肌を焼いているという。近頃ではこんがり日焼けした中国国内の芸能人が多くなっていることが流行の一因になっているようで、「古銅色」の肌が流行に乗っているかのバロメーターと見られつつあるようだ。また、健康やリッチさの象徴としても注目されている。

 日焼けサロンの経営者によれば、はじめは週に2~3回行い、理想の色になったら週に1回通う程度でOKとのこと。費用は15分間で50元(約680円)程度のようだ。
 
 日焼けサロンは、北京のほかにも上海・重慶などの大都市のホワイトカラー層の間で流行しているようで、昨年12月には重慶市での日焼けサロンの活況ぶりが中国新聞網によって伝えられていた。(編集担当:柳川俊之)

【関連記事・情報】
遺伝子異常を引き起こす、タバコと日焼けにご用心(2009/12/19)
【華流】ビビアン・スー、新作映画で「こんがり肌」披露(2009/04/27)
【華流】ルイス・クー23億円の豪邸購入で、 同居者募集?(2009/06/27)
【華流】ルイス・クー、映画『竊聴風雲』のため体重30キロ増(2009/05/13)
【華流】“玩具マニア”ルイス・クーがワクワク!(2009/04/02)

あわせて読みたい

気になるキーワード

サーチナの記事をもっと見る 2010年4月15日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。