「上海、かたつむりの家」、翻訳者が感じた衝撃が中国理解の一助に

 「上海、かたつむりの家(原題:蝸居)」(日本語版発行:プレジデント社、海外版権代理:クリーク・アンド・リバー社)を翻訳した青樹明子氏は、既に10年以上を中国で生活してきているが、「『上海、かたつむりの家』の原作は、外国人にはうかがい知ることができなかった、経済大国・中国の闇の部分を見せつけられたように感じて、大きなショックを受けました」と語っている。北京在住の青樹氏に、作品の魅力、また、作者である六六氏のプロフィールや現在の活動ぶりなどを聞いた。(写真は、六六氏=左と青樹明子氏、提供:クリーク・アンド・リバー社)

 原作の出版は2007年12月。2009年にはテレビドラマ化され、社会現象といわれるほどの話題作になった。「当時は、知らない人がいないのではないかと思うほど、中国の友人たちはドラマについて語り合っていました。しかし、実際に原作を読んでみて、ドラマ化ができなかったようなエピソードの数々が書かれていたのでびっくりしました。小説として出版できるギリギリのところで書かれていると感じます」と作品との出会いを語った。「たとえば、原作には性描写が多く出てきますが、ここまで許されるのかと驚いたほどです。原作を読んで、意外に中国でも自由な表現が許されるものだと感じたくらいでした」という。

 現代中国のリアルな実態を表しているといわれる具体的なエピソード内容は、同書の日本語版の目次にうかがえる。「貯金の増える速度は物価上昇の速度に、永遠に追いつかない」「消費は欧米にならえ、収入は南米・アフリカにならえ」「愛人のいる男の生活はブルーカラーと同じである」「女にとって自分の家とは、嫁ぎ先、つまりは他人の家である」など。青樹氏は、「目次には、その章で語られるエピソードを象徴するような言葉がピックアップされていて、目次を見ているだけで、わくわくします」と語っている。
編集部おすすめ
サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

韓流ニュースランキング

韓流ランキングをもっと見る
お買いものリンク