復旦大学、曹操一族のDNA解明 次は孔子がターゲット=中国

       
 中国メディア・人民網は12日、復旦大学の研究グループがこのほど三国時代の武将、曹操一族のDNA研究の最新成果を発表し、今後は儒教の祖である孔子が実在したかどうかなどの研究も進める計画を立てたと報じた。

 記事はまず、曹操のDNAにかんする研究成果を紹介。全国79カ所に散在する曹操の末裔とされる人びとと曹操とで「親子鑑定」を行うことで、曹操一族のDNAを100%確定させたとした。

 そして、鑑定の結果安徽省や江蘇省などに住む9家族が本物の曹操の子孫として認定されたほか、曹操が前漢の重臣・曹参の子孫である、夏侯氏の末裔である、南京に存在する「操」姓一族は曹操の末裔である、といった説がいずれも否定されたことを紹介した。

 記事はまた、同大学の研究グループが今後中華民族の形成史、家族史、歴史人物研究を組み合わせた壮大な研究プロジェクトを計画しており、孔子や黄帝、炎帝が実在した人物かどうかについての研究を進めることを併せて伝えた。(編集担当:今関忠馬)

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年11月13日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。