東京マラソン開催日、北京では「下着マラソン」・・・深刻な汚染霧で「ガスマスク装着姿」の参加者も=中国

東京マラソン開催日、北京では「下着マラソン」・・・深刻な汚染霧で「ガスマスク装着姿」の参加者も=中国
東京マラソンが盛大に開かれた23日、お隣り中国の首都・北京市では下着姿で走るというちょっと変わったマラソン大会が行われた。(写真は「CNSPHOTO」提供)(サーチナ)
       
 東京マラソンが盛大に開かれた23日、お隣り中国の首都・北京市では下着姿で走るというちょっと変わったマラソン大会が行われた。深刻な大気汚染に見舞われる中で行われた大会では、下着姿にガスマスクという奇妙ないでたちのランナーも多く見られたようだ。北京メディア・新京報が24日報じた。(写真は「CNSPHOTO」提供)

 今年で3回目を迎えた「下着マラソン」は現地時間23日午前8時に北京市の五輪公園でスタート。全長3.5キロメートルのコースを約100人のマラソン愛好者たちが下着姿で走った。なかには、ボディペインティングでヒョウに扮して参加するなどのパフォーマンスを見せる人もいた。

 そして、大気汚染を根絶せよというメッセージを背中に描いたランナーが多く見られたほか、ガスマスクを着けて臨む「連隊長」の姿もあった。極め付きは妊娠8カ月という女性が半袖短パン姿で参加していたことだ。

 この女性は「妊婦だって走れる。運動不足だと高血圧を引き起こすし、体を鍛えていれば分娩も楽になる」と周囲の心配をまったく気に掛けず、20分ほどで完走した。

 適度な身体鍛錬が妊婦にとって良いことだったとしても、やはり時と場所を選ぶ必要はある。この女性が無事元気な赤ちゃんを産むことを願うばかりだ。

 この「下着マラソン」、今後定着するようであれば毎年2月の最終週に開催されるとのこと。競争率の高い東京マラソンの選に漏れた方は、こちらへの参加を検討してみてはどうだろうか。(編集担当:今関忠馬)


【関連記事】
【中国ブログ】PM2.5の「汚染基準値」が問題って、違うでしょ
【中国ブログ】日本で学んだ、子供のための風邪予防法
【中国ブログ】中国人女性をトリコにした羽生結弦の魅力
【中国ブログ】圧巻の羽生クオリティ・・・「泣きそうになった」
【中国ブログ】美しい日本の包装「日本人の優れた点は学ぶべき」

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年2月24日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。