「F-22」は超絶加速「PL-10」の餌食、「早期警戒機狩り」なら「PL-15」の出番=中国メディア

「F-22」は超絶加速「PL-10」の餌食、「早期警戒機狩り」なら「PL-15」の出番=中国メディア
中国メディアの「騰訊網」はこのほど、中国の空対空ミサイル「PL-10(霹靂-10)」は、射程を犠牲にしても加速性能を向上させることで米戦闘機「F-22」を“仕留める”能力を強化したと主張する記事を発表した。(写真は上記騰訊網の記事掲載頁キャプチャー)(サーチナ)
 中国メディアの「騰訊網」はこのほど、中国の空対空ミサイル「PL-10(霹靂-10)」は、射程を犠牲にしても加速性能を向上させることで米戦闘機「F-22」を“仕留める”能力を強化したと主張する記事を発表した。中国ではこれまで、「『PL-15』空対空ミサイルは、早期警戒機を攻撃するために、旋回性能を犠牲にして航続距離を伸ばした」との文章も発表されている。

 騰訊網が掲載したPL-10についての文章は、現在までの「空対空ミサイルの進化の概略」を紹介。最も早い時期には目標機に「ぴったりと追尾」して発射する必要があったが、技術が進むと「相手機の後方の広い角度から攻撃可能。自機と相手機の進行方向がかなりずれていてもよい」、「相手機の前方から向かい合う形での攻撃も可能」となった。

 現在の空対空ミサイルには、相手機と並行あるいは反行して飛行している場合でも、発射が可能である性能が求められる。そのためには、強大な加速性、高速性、機動力が必要だ。

 PL-10は固体燃料ロケットエンジンで推進する。騰訊網によると、高度3000メートルをマッハ0.9で飛行する機体から発射された場合、エンジンは2.5秒で燃焼を終え、速度はマッハ4.0に達する。

 文章は、PL-10の最高速度は、米国の「AIM-9(サイドワインダー)」ファミリーの最高速度がマッハ2程度であるのにくらべて、極めて高速と指摘。ステルス戦闘機同士の空戦について、近接してから相手機を確認する状況が増えるとの見方を示し、「近距離でのドッグファイトの可能性は消えていないばかりか、ミサイルの性能に対する要求は、さらに高まっている」と主張した。

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2015年10月16日の中国記事

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。