ロシア「Su-35」の中国引き渡しは来年から、ただし「自衛隊F-15Jに対抗できるか不明」の声も

ロシア「Su-35」の中国引き渡しは来年から、ただし「自衛隊F-15Jに対抗できるか不明」の声も
 中国の大手ポータルサイト「新浪網」によると、中国がロシアと購入契約をした「Su-35」の引き渡しが、2016年に始まる。中国ではSu-35の位置づけについて、さまざまな見方が紹介されている。自国で開発中の「J-20(殲-20)」戦闘機が登場するまでの“つなぎ”との意見や、「J-20は主力戦闘機たりえない」などの見方までさまざまだ。(イメージ写真提供:(C)Viacheslav Lopatin/123RF.COM)(サーチナ)
 中国の大手ポータルサイト「新浪網」によると、中国がロシアと購入契約をした「Su-35」の引き渡しが、2016年に始まる。中国ではSu-35の位置づけについて、さまざまな見方が紹介されている。自国で開発中の「J-20(殲-20)」戦闘機が登場するまでの“つなぎ”との意見や、「J-20は主力戦闘機たりえない」などの見方までさまざまだ。

 中国はSu-35を24機購入する契約を結んだ。2016年に引き渡されるのは、うち4機という。新浪網は、中国がロシアから購入する地対空ミサイルシステム「S-400」の引き渡しは2018年と紹介。「ロシアの軍需工業はたっぷり数年間、仕事がある」と、中国による武器購入はロシアに利益をもたらすとの見方を示した。

 記事は続けて、現在もロシアから戦闘機を買わねばならない、中国の現実を指摘。中国では軍需面の技術が向上したと強調されているが、「中国の軍需工業の生産レベルは極めて低く、ロシアの二流の武器で需要をみたさねばならない」可能性があるとした。

 「二流」と断じた理由については、Su-35せよ、4世代戦闘機をグレードアップしただけで、「J-10B」にせよ、「J-11B」、「Su-30」にせよ、米国や日本の「F-15J」や「F-16]、「F-2」に対抗できる力が、本当にあるのかと疑問を示した。

 また、自国で開発中の「J-20」が2017年に就役したとしても、数量面で日米に対抗はできないとの見方を示した。

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年11月23日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。