我が国は高速鉄道に続いて、地下鉄でも「強国になるかも」=中国

我が国は高速鉄道に続いて、地下鉄でも「強国になるかも」=中国
中国メディアは、中国が受注を決めたポルトガルでの地下鉄プロジェクトを誇らしげに紹介する記事を掲載した。中国は高速鉄道強国になったのに続いて、「地下鉄強国」になれるかもしれないと自賛している。(イメージ写真提供:123RF)(サーチナ)
 高速鉄道の輸出を積極的に推進している中国だが、今度は欧州鉄道網に初めて地下鉄車両を輸出することになったという。中国中車傘下の中車唐山機車車両有限公司がポルトガルで地下鉄および設備メンテナンスプロジェクトを5610万ユーロ(約68億円)で落札した。

 中国メディアの今日頭条は19日、中国が受注を決めたこのプロジェクトを誇らしげに紹介する記事を掲載した。中国は高速鉄道強国になったのに続いて、「地下鉄強国」になれるかもしれないと自賛している。

 中国では、どんな分野でも大国ではなく「強国」を目指しているようだ。2020年までに営業距離を3万キロにすることを目標にしている高速鉄道について、記事は「12月初めに新たに3本も路線を開通させ、世界を震撼させた」と自賛している。

 そんな中国にとって、欧州に地下鉄車両を輸出するのはメンツの立つことなのだろう。今回、ポルトガルのポルト地下鉄会社が中車唐山から購入することにしたのは18本の地下鉄車両で、さらに5年間のメンテナンスサービスを提供することで合意したという。入札したのは、中車唐山のほかチェコとドイツの企業で、記事は「安さで2つの企業を打ち負かした」と鼻高々だ。ドイツの「シーメンスは我々のかつての教師であることを忘れてはいけない」と、中国がかつての師まで超えたと主張している。

 記事は、今回欧州に中国の車両が導入されることについて、「中国の鉄道製造技術はすでに欧州を超えている」と主張。コスト面でも技術でも、中国はすでに欧州を抜いており、建設の速さでも中国の鉄道は海外で注目されているという。中車唐山の最新車両は、新エネルギー地下鉄車両で世界をリードする存在になっていると伝えた。

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月24日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。