日本を訪れた中国の村長が「日中には50年分の差がある」と感じた理由=中国報道

日本を訪れた中国の村長が「日中には50年分の差がある」と感じた理由=中国報道
中国メディアは、中国の農村で村長を務める人物が日本の農村を視察して感じたことを紹介する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)(サーチナ)
 急速な経済発展を遂げた中国では、大都市の発展は日本を凌ぐほどであり、生活水準もどんどん高くなっている。だが、都市部と農村部の格差は非常に大きく、発展から取り残された農村部は非常に多い。中国メディアの今日頭条は26日、中国の農村で村長を務める人物が日本の農村を視察して感じたことを紹介する記事を掲載した。

 この中国人村長は、日本についての印象について「菊と刀」のとおりの矛盾が見られたと主張。村長が泊まった宿泊施設で提供された和食は、種類は多いが量は少なくて「倹約」を感じ、部屋は豪華ではないのにぬくもりを感じ、「最も感動した」という日本庭園は、プライバシーを守りながら自然と融合していて統一感があった、と困惑しながらも感銘を受けた様子だ。

 そのうえで、日本と中国の農村部の違いは5つあると分析。その1つが「高齢者」の違いだ。村に高齢者が多く残っているのは中国と同じだが、日本では「高齢者がエネルギッシュ」で、皆働いていたと伝えている。中国人村長の宿泊先で働いていたのは、平均年齢75歳の地元住民で、観光客のために食事を準備したりガイドしたり車を出してくれたりと村の活性化に貢献し、「お金のためではなく、働くことが生きること」だから働く、と話してくれたと紹介している。

 2つ目は「教育」、3つ目は「ごみの分別」、4つ目は「倹約」、5つ目には財布を置き忘れても盗まれない「治安」の良さを紹介している。中国人村長は、子どもと一緒に自然教室への参加を申し込んでいたようで、机の上の勉強だけではなく、親子で一緒に自然と触れ合い、学ぶことの大切さを感じたようだ。ごみの分別も、中国人村長の村では10年ほど前から、「腐るものと腐らないもの」の2種類に分別しているがそれすら実行できず、細かな分別を当たり前のようにできる日本人に驚いたという。

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月30日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。