広東省の「日本街」に改善命令 看板の撤去が命じられる=中国

広東省の「日本街」に改善命令 看板の撤去が命じられる=中国
中国各地で「日本街」が誕生しており、中国のSNSでも「日本街」で撮った写真が話題を集めている。そんな中、広東省に最近誕生した「日本街」にオープンから二カ月ほどで動きがあった。(イメージ写真提供:123RF)(サーチナ)
 中国各地で「日本街」が誕生しており、中国のSNSでも「日本街」で撮った写真が話題を集めている。そんな中、広東省に最近誕生した「日本街」にオープンから二カ月ほどで動きがあったようだ。

 テンセントに掲載された記事はまず、オープン直後の広東省佛山市の「日本街」のオープン直後の状況について取り上げている。「一番街」と命名された通りに、日本の映画館やダンスホールやレストランを模倣したと思われる看板がところ狭しと並んでいる。店名もユニークで「毛利探偵事務所」や「藤原とうふ店」など、中国でも人気の日本のアニメ作品を模倣したと思われる表示が並んでいる。また、実物の日本のタクシーが道路に駐車されており、日本の公衆電話などもある。こうした「日本街」の外観がアニメ好きの若者の人気を集め、SNSを中心に瞬く間に広がり、話題となっていた。

 ところが、オープンからわずか二カ月後、この街に対し「改善命令」が出された。日本のアニメなどを単に模倣した看板や店名などを全て変えるようにと当局から指示が出たのだ。「一番街」という通りの名前すらも変えるように指示され、すでに「一番街」の看板には覆いがかけられている。

 こうした当局による動きに対し、中国メディアは「ネットでは、世界中に中国を模倣した“中華街”が多数あるのに、なぜ“日本街”だけが目の敵にされるのか理解できない」と不満の声が上がっている。「日本文化が好きな人々が中国に相当数いる中、日本街が中国各地で誕生することは不思議ではない」とまとめている。(編集:時田瑞樹)(イメージ写真提供:123RF)


【関連記事】
日本に汚職政治家が少ないのはなぜ? その理由は・・・
コロナ下でも世界中で車を売り続けている日本 中国との最大の違いは?
中国はまだまだ日本に程遠い 日本の真の実力は「ソフトパワーにあり!」
日本のインテリアデザインはここがすごい! 学ぶ価値がある7つの知恵とは
コロナ下での留学先は、やっぱり高い教育レベルの日本以外ない!

当時の記事を読む

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「テンセント」に関する記事

「テンセント」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「テンセント」の記事

次に読みたい「テンセント」の記事をもっと見る

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月20日の中国記事

キーワード一覧

  1. テンセント 日本
  2. テンセント 株価
  3. テンセント 決算

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。