京セラ創業者の稲盛氏が中国で「尊敬を集める」理由=中国メディア

京セラ創業者の稲盛氏が中国で「尊敬を集める」理由=中国メディア
中国では一流経営者に関する書籍が人気だが、日本人経営者の著書も例外ではない。中国メディアの快資訊は21日、稲盛和夫氏を紹介する記事を掲載した。「アリババ創業者のジャック・マー(馬雲)氏も敬服している」と伝えている。(イメージ写真提供:123RF)(サーチナ)
       
 中国では一流経営者に関する書籍が人気だが、日本人経営者の著書も例外ではない。中国メディアの快資訊は21日、稲盛和夫氏を紹介する記事を掲載した。「アリババ創業者のジャック・マー馬雲)氏も敬服している」と伝えている。

 稲盛氏は、京セラや第二電電(現KDDI)の創業者で、日本航空(JAL)を再建したことでも知られている。記事は、これらは京セラやKDDIは日本を代表する企業だと紹介し、稲盛氏を「マー氏も尊敬する日本で活躍する有能な経営者」として紹介している。

 では、なぜ中国人は、これほど稲盛氏に心酔しているのだろうか。記事は、同氏の名言が中国人の心を打っていると紹介した。例えば、「仕事は修行」、「全力で頑張っている人に、神は知恵とインスピレーションを与えてくれる」といったもので、記事はまさに「匠の精神だ」と称賛している。

 また、還暦を過ぎてから出家するほど精神面の満足を求めるところや、京セラが創業当時資金もあまりなく、従業員28名と少人数でスタートしたという経歴も、マー氏と重なる部分が多いと指摘している。

 記事は、稲盛氏の魅力をひとことで言えば「利他的だから」とまとめている。一人ひとりが利他的になれば、周りを幸せにし、その延長で社会が幸せになり、国も、そして世界まで幸せにできると結んだ。中国ではこうした精神論が人の心をつかむ傾向にあるようだ。また小さなベンチャー企業が世界的な大企業に成長するサクセスストーリーも好まれる傾向があるため、稲盛氏はこれからも中国で尊敬を集め続けていくに違いない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)


【関連記事】
日本で生活すると「別人になる」・・・その理由を教えてやろう=中国
日本が古代中国から「決して学ぼうとしなかった」こと=中国
中国人の目に映る「日本と韓国の差」、リードしているのはどっち?=中国
日本の「潜水艦」技術は「中国を15年以上リード」と言われる理由=中国
これが1960年台後半の光景だと? 日本はもうこんなにも・・・=中国

当時の記事を読む

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月25日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。