日本に行けないなら台湾の新竹へ 日本統治時代の建物群で旅行気分=台湾メディア

 国家間の移動が制限されている状況で、日本に行きたくてうずうずしている台湾人も多いようだ。台湾メディア連合報が27日付の記事で「まるで日本にいるみたい!新竹市で旧所を訪ねて過ごす休日」という記事を掲載した。

 そもそもなぜ、台湾の新竹市に行くと日本旅行気分を味わえるのか。日本統治時代の建物が数多く残されているからだ。台湾では、今でもそうした建物群を大切に保存し、観光地化している。新竹の旧市街を歩くだけで「まるで日本にいるような感覚になる」と評判だ。

 特に、新竹市は日本統治時代に新竹州の州都でもあったこともあり、市政府の建物や、古い日本家屋も多数。建物も木造建築からレンガ造りのものまで、趣のある古い建築物が数多くある。新竹国立美術館も日本統治時代の赤レンガ建築が利用されており行く価値があるとのこと。

 さらに、新竹市では日本式の大福や唐揚げなども売られており、観光の面でも、食の面でも「日本式」を楽しめる。また、古い日本家屋を使用したコーヒー店などもあり、そうしたカフェでゆったりと過ごすのも人気となっている。

 こうした記事からも、日本好きにとっては気分だけでも味わいたいという思いが強いのが見て取れる。さらに、すでに100年以上も経過する日本統治時代の建物が今でも大切にされ、利用されているなど「親日的」なのがわかる。(編集:時田瑞樹)(イメージ写真提供:123RF)


【関連記事】

当時の記事を読む

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「観光」に関する記事

「観光」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「観光」の記事

次に読みたい「観光」の記事をもっと見る

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年3月2日の中国記事

キーワード一覧

  1. 観光 東京

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。