奇跡を起こせ、“帝王”高山善廣! 長州、前田、小橋…レジェンドたちが寄せた熱きメッセージ!

5月4日、リング上での不運な事故により重症を負った“プロレス界の帝王”高山善廣(よしひろ)選手。

9月4日には、その病状が「頸髄完全損傷」で、首から下が動かず、回復の見込みが薄い深刻な状況にあることが公表され、有志による支援団体「TAKAYAMANIA」の設立も発表された。各プロレス団体が協力し、試合会場での募金箱設置や応援グッズ販売、チャリティー興行などで寄付を募り、高山選手の治療費などを支援するという。

週プレにおいても、先月配信した鈴木みのる選手のインタビュー(「ポケットに余っている10円でいいから協力してほしい」)に続いて、より多くの人々に支援への理解や協力を広めるべく、今回、大物プロレスラーたちに高山選手への応援メッセージを寄せていただいた――。

***

まずは、かつて高山選手が所属していた団体UWFインターナショナルと因縁浅からぬ関係にあった長州力選手。

1995年10月9日、新日本プロレスの“現場監督”だった長州選手は、新日本とUインターの全面対抗戦に打って出る。東京ドームに6万7千人もの大観衆を動員したこの対抗戦で、高山選手は新日本の実力者、飯塚高史に勝利し、その名を全国に轟(とどろ)かせた。長州選手が語る。

「間違いなく一時代を築いた選手だよね。なによりプロレスラーとしてあのサイズは魅力的でした。Uインターの頃は、線の細い印象しかなかったけど、そこからよくあそこまで駆け上がったよね。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

高山善廣のプロフィールを見る
週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「高山善廣」に関する記事

「高山善廣」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「高山善廣」の記事

次に読みたい「高山善廣」の記事をもっと見る

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク