帯でハードルを上げすぎ? 中身よりタイトルで難航? 今年度No.1ミステリー『medium』の創作秘話が明らかに!

帯でハードルを上げすぎ? 中身よりタイトルで難航? 今年度No.1ミステリー『medium』の創作秘話が明らかに!

「枚数が足りなくて4話目を丸々削っちゃいました。いずれ続編を書けたら。すでに結末を知っている読者も面白く読めるように書く自信はありますよ」と語る相沢沙呼氏

「このミステリーがすごい!」「本格ミステリ・ベスト10」で共に国内1位、「2019年ベストブック」選出をはじめ、吉川英治文学新人賞や本屋大賞にノミネートされるなど、快進撃が続く話題作『medium 霊媒探偵城塚翡翠(じょうづかひすい)』。

本作は死者の声を聞くことができる霊媒師の女性・城塚翡翠と、推理作家の男性・香月史郎が霊視と論理の力を駆使して事件に立ち向かう本格ミステリー。初版帯の「すべてが、伏線。」という惹句(じゃっく)にたがわぬ衝撃の結末も話題になっている。

著者の相沢沙呼(あいざわ・さこ)氏は代表作『小説の神様』(講談社)が佐藤大樹と橋本環奈主演で映画化(5月公開予定)されるなど、現在波に乗っているが、本人いわく「苦労人」の一面もあるという。今年度ナンバーワンミステリーの著者に話題作の創作秘話を聞いた。

* * *

──帯どおりの衝撃的な展開に驚かされました。ラストのどんでん返しには思わず、「もしかして、ページを読み飛ばしてしまったんじゃないか!?」と目を疑うほどでした。書き上げた瞬間に手応えがあったんじゃないですか?

相沢 いえ、世に出す前はものすごくドキドキしていたんですよ。「プロモーションで自らハードルを上げるようなマネはやめてくれ、もっとさりげなくしてくれ」と担当編集にお願いしたくらいですから......。


あわせて読みたい

週プレNewsの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月18日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。