マルハニチロ「新中華街 極旨!ももから揚げ」で家庭用冷凍から揚げ市場に本格参入、新商品14品・リニューアル品15品発表 /2021年秋季家庭用冷食新商品

マルハニチロ「新中華街 極旨!ももから揚げ」で家庭用冷凍から揚げ市場に本格参入、新商品14品・リニューアル品15品発表 /2021年秋季家庭用冷食新商品
拡大する(全1枚)

マルハニチロ「新中華街 極旨!ももから揚げ」

マルハニチロは、家庭用冷凍食品の2021年秋季新商品14品・リニューアル品15品の計29品を8月1日および9月1日、全国で発売する。今回は、家庭用冷凍食品でシェアが拡大している惣菜畜肉から揚げで、食卓品質と大容量が特長の「新中華街 極旨!ももから揚げ」を投入し、本格参入を果たす。新商品の内訳は食卓惣菜1品、米飯2品、麺類1品、ピザ/グラタン2品、弁当品7品、農産1品。7月6日、池見賢社長らが出席し、オンラインで新商品発表会を開催した。

「新中華街 極旨!ももから揚げ」(500g)は、赤坂離宮・譚オーナーシェフ監修の鶏のから揚げ。若鶏のもも肉を塩こうじに漬け込み、やわらかくジューシーに仕上げた。衣は、液体の衣付け(バッタリング)ではなく粉をまぶすブレッダリング製法で薄衣に仕立て、手作り感を実現している。さらに、コロナ禍以降の購買行動は、少頻度大量購入の傾向があるため、500gの大容量とした。

開発背景について説明した小梶聡執行役員開発部長によれば、家庭用冷凍食品のカテゴリー別購入シェアで、「惣菜畜肉から揚げ」は2010年度には7位の3.5%だったが、2020年度はパスタ、ギョーザに次ぐ3位で6.0%と構成比が拡大しているという。さらに、冷凍「鶏のから揚げ」の食シーン別構成比は、2017年度は6割近く(58.5%)が「弁当」だったのに対し、2020年度は6割近くが「食卓」(58.9%、朝食+夕食+昼食の計)とここ3年で用途が逆転し、食卓で満足できる鶏のから揚げのニーズが高まっているという。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

食品産業新聞社ニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク