2016〜2018年マザーズ上場企業の給与実態とは?

2016〜2018年マザーズ上場企業の給与実態とは?
上場企業数は、2016年54社、2017年49社、2018年63社と50社前後の上場が続いている。この中には、スタートアップのマザーズ上場も多い。

本記事では、過去3年にしぼってマザーズ上場企業の上場時の給与に関するリサーチを行った。平均給与に加え役員報酬に関してもリサーチを実施。データから読める業界・年齢・従業員数と給与の関係を考察する。まずは、全166社の平均給与に関してみていく。

マザーズ上場企業の平均年間給与

2016年から2018年の間でマザーズ上場した166社の従業員の平均年間給与を調査(新規上場のための有価証券報告書を基にしている)。その結果、166社の平均年間給与は、533万円であった。年収別のグラフが以下だ。

2016〜2018年マザーズ上場企業の給与実態とは?

グラフからわかるように、ボリュームゾーンは400~500万円で50社、また700万円までの範囲に90%にあたる150社存在する。一方で、平均給与が900万円を超える企業が7社存在した。このように全体を通しては非常に高い数値というわけではないものの、給与の高い企業も一定数存在することが見て取れる。次に、平均給与TOP5の企業が以下である。

2016〜2018年マザーズ上場企業の給与実態とは?

M&Aの仲介助言などを手掛けるストライクが1,640万円でトップ、医薬品・医療品などの開発を行うソレイジア・ファーマ、経営コンサルティング事業を手掛けるフロンティア・マネジメントが次に続いた。1,000万円を超えたのは以上3社という結果であった。また、1,000万円を超える企業の内2社がコンサルティング事業を手掛ける企業であった。

...続きを読む

あわせて読みたい

STARTUP DBの記事をもっと見る 2019年4月9日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。