ワーキングホリデーのまとめ~英語圏編~
拡大する(全9枚)

ワーキングホリデーのまとめ~英語圏編~の画像はこちら >>

なかなか落ち着かないコロナウイルスの感染ですが、それでも今しかないチャンスで留学を検討していらっしゃる方は多いのではないでしょうか。

本日は留学の中でも「ワーキングホリデー」についてご紹介します!

☆カナダとイギリス(YMS)のワーキングホリデービザの申請開始は2022年1月17日(月)からです☆

ワーキングホリデーとは?

ワーキングホリデーのまとめ~英語圏編~

ワーキングホリデーとは、年齢制限(18歳~30歳)はありますが誰でも参加ができ、勉強や仕事など好きなことができる1年間を海外で過ごすことができる制度です。
滞在プランはあなた次第で無限にあります!!
(国や条件により、滞在期間を1年以上にすることもできます。)

まずは現地で語学学校に通い、英語力を伸ばしてから現地で仕事を見つけるという流れが多くの人の過ごし方です。
職場で生きた英語を使って働くのも良し、資金があれば、日本ではチャレンジできなかったスポーツをしてみたり、行きたかった場所を訪れてみたりなど、出発前にある程度のプランを立てておくこともおススメです☆

ワーキングホリデーについての詳細はこちらから!

「成功する留学」でご案内しているワーキングホリデー制度がある国は以下の8ヵ国です。
(かっこ内は日本とのワーキングホリデー制度がスタートした年)

  • オーストラリア(1980)
  • ニュージーランド(1985)
  • カナダ(1986)
  • フランス(1999)
  • ドイツ(2000)
  • イギリス(2001・Youth Mobility Schemeビザ)
  • アイルランド(2007)
  • スペイン(2017)

この記事の画像

「ワーキングホリデーのまとめ~英語圏編~」の画像1 「ワーキングホリデーのまとめ~英語圏編~」の画像2 「ワーキングホリデーのまとめ~英語圏編~」の画像3 「ワーキングホリデーのまとめ~英語圏編~」の画像4
「ワーキングホリデーのまとめ~英語圏編~」の画像5 「ワーキングホリデーのまとめ~英語圏編~」の画像6 「ワーキングホリデーのまとめ~英語圏編~」の画像7 「ワーキングホリデーのまとめ~英語圏編~」の画像8
「ワーキングホリデーのまとめ~英語圏編~」の画像9