古都鎌倉の街並みを守れ! 市所有「旧村上邸」を通じてSDGsを考える

古都鎌倉の街並みを守れ! 市所有「旧村上邸」を通じてSDGsを考える

旧いお屋敷や神社仏閣が残る街並みが魅力の、古都・鎌倉。その鎌倉市の景観重要建築物等に指定されている「旧村上邸」は、個人宅でありながら能舞台や茶室のある主屋、別棟の茶室、日本庭園が780坪(約2600m2)もの敷地に広がる、それは立派なお屋敷だ。そのお屋敷が鎌倉市に寄贈され、自治体SGDsモデル事業として新たな活用が検討されているという。筆者も鎌倉市民、気になるその検討現場を潜入レポートしてきた。

そもそも、「旧村上邸」ってどんな家?活用方法検討中の現場に潜入!
古都鎌倉の街並みを守れ! 市所有「旧村上邸」を通じてSDGsを考える

鎌倉市の旧市街地のなかでもひときわ緑豊かで静かな環境が残る西御門エリアに建つ旧村上邸見学に自転車で駆け付けた。立派な門構えやたたずまいでスケールの大きさがひしひしと伝わってくる(写真撮影/長井純子)

古都鎌倉の街並みを守れ! 市所有「旧村上邸」を通じてSDGsを考える

1990年(平成2年)に景観重要建築物に指定された証に、門前には説明プレートが。これによると、築年は不詳ながら、1939年(昭和14年)以前の明治末期から大正にかけての建築と推定される(写真撮影/長井純子)

鎌倉市が指定した景観重要建築物等は、「鎌倉文学館」(指定第1号)や「旧華頂宮邸」(同29号)といった名だたる観光名所など計33件。「旧村上邸」(同18号)は能舞台や茶室のある主屋、別棟の茶室、日本庭園が約780坪もの敷地に広がる、個人宅とは思えない規模の立派で美しいお屋敷だ。村上夫妻がお住まいになっていた時代は、ここに文化人を招いて、能・謡曲の会・茶会などを開催し、伝統文化を伝え、地域の人たちとも楽しむ、豊かで貴重な交流の場であったという。


あわせて読みたい

SUUMOジャーナルの記事をもっと見る 2019年4月27日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。