3Dプリンターで家をつくる時代に! 日本での導入は?
拡大する(全7枚)

大型の3Dプリンターを使って、家の形は自由自在で低価格、しかも1日で建てられる――そんな夢のような世界がもう現実になってきた。この分野に詳しい建設ITジャーナリストの家入龍太さんに、海外の事例や日本の状況について詳しい話を聞いた。

これまでにない家が、簡単にできる

3Dプリンター住宅には3つの建設方法がある。1つめは巨大な3Dプリンターを住宅の建設予定の場所に設置し、そこで材料を積み上げる方法、2つめは砂のような素材に凝固剤をかけて固めたものを、掘り出していく方法、3つめは3Dプリンターを設置してある工場でパーツを生産し、現地で組み合わせていく方法だ。使用する素材によっても建設方法は変わってくると言うが、強度の関係などで、最近では積み上げ式や工場生産方式が主流になっているという。

3Dプリンターで家をつくる時代に! 日本での導入は?

後述で登場する3Dプリンターハウス「GAIA」。3Dプリンターが得意とする曲線を描いたこの家は、巨大なクレーンを現地に設置して素材を積み上げてつくられている(©WASP)

3Dプリンターで家をつくる時代に! 日本での導入は?

3Dプリンターハウス「GAIA」が通称ライス・ハウスと呼ばれるのは、断熱材として米のもみ殻を使っているから(©WASP)

いずれの手法でも、この3Dプリンター住居の最大のメリットは、「曲線も描けること」と家入さんは話す。これまで、直線でしか描けなかった家づくりの世界に、曲線が入り込む余地ができたため、狭い土地でもデザインや機能を考え、丸みを帯びた家をつくりあげることも可能になった。今後、さらに自由度の高い住宅が建設できるようになると言われている。


この記事の画像

「3Dプリンターで家をつくる時代に! 日本での導入は?」の画像1 「3Dプリンターで家をつくる時代に! 日本での導入は?」の画像2 「3Dプリンターで家をつくる時代に! 日本での導入は?」の画像3 「3Dプリンターで家をつくる時代に! 日本での導入は?」の画像4
「3Dプリンターで家をつくる時代に! 日本での導入は?」の画像5 「3Dプリンターで家をつくる時代に! 日本での導入は?」の画像6 「3Dプリンターで家をつくる時代に! 日本での導入は?」の画像7