みんなでつくる、みんなのまち「ミナガルテン」始動。ガーデン、キッチンなどをシェア

みんなでつくる、みんなのまち「ミナガルテン」始動。ガーデン、キッチンなどをシェア
拡大する(全11枚)

広島市佐伯区は、市内中心部と世界遺産の地・宮島の中間に位置するベッドタウン。昔ながらの人のつながりも残りつつ、約50年前に開通したバイパスと共に住宅地として発展した、新旧の顔が入り混じる街だ。そんな佐伯区・皆賀(みなが)エリアに、新しい試みを行う街づくりが始動している。街の名前は“minagarten(ミナガルテン)”。企画プロデュースを行う株式会社真屋の谷口千春さんにお話を伺った。

園芸関係の卸売業を営んでいた会社の温室や倉庫跡地が、街づくりの舞台

minagartenの街づくりが進む敷地の全体面積は約3100平米。谷口さんの祖父・父の代に稼業として営んでいた園芸事業会社の跡地だ。観葉植物や、土や鉢などの園芸資材の卸売や、初期のころには球根や苗の栽培も行っていたという。しかし、2017年夏、惜しまれながら事業を閉じることとなり、当時東京で働いていた谷口さんには、「残された土地や建物をどうするか」という課題が突き付けられることになった。
「谷口家の長女として、また仕事を通じて他県のまちづくりに関わってきた身として、いつかはこの地で何かすることになるかも知れないという漠然とした思いはありましたが、事業の閉鎖が急だったこともあり実感が持ちきれないままプロジェクトはスタートしました。2年近くの間、1~2カ月に1回程度、週末を使って東京と広島を行き来する日々。いよいよ身体が現地にないと進まないという段階まできて、ようやくこの4月に広島に戻ってきました」と振り返る谷口さん。
「皆賀は江戸時代には水長と書き、山からの水が滞留する場所でしたが、住民らが力を合わせて行った治水工事で改善。それを祝って、皆が賀す(祝う)という意味の現在の表記になったといいます。そのことを知ったとき、これは歴史からのメッセージだと思いました。この地につくるのは、地域の人々と社会とのさまざまなつながりを後押しする、そんな施設がいい。そう感じたんです」


この記事の画像

「みんなでつくる、みんなのまち「ミナガルテン」始動。ガーデン、キッチンなどをシェア」の画像1 「みんなでつくる、みんなのまち「ミナガルテン」始動。ガーデン、キッチンなどをシェア」の画像2 「みんなでつくる、みんなのまち「ミナガルテン」始動。ガーデン、キッチンなどをシェア」の画像3 「みんなでつくる、みんなのまち「ミナガルテン」始動。ガーデン、キッチンなどをシェア」の画像4
「みんなでつくる、みんなのまち「ミナガルテン」始動。ガーデン、キッチンなどをシェア」の画像5 「みんなでつくる、みんなのまち「ミナガルテン」始動。ガーデン、キッチンなどをシェア」の画像6 「みんなでつくる、みんなのまち「ミナガルテン」始動。ガーデン、キッチンなどをシェア」の画像7 「みんなでつくる、みんなのまち「ミナガルテン」始動。ガーデン、キッチンなどをシェア」の画像8
「みんなでつくる、みんなのまち「ミナガルテン」始動。ガーデン、キッチンなどをシェア」の画像9 「みんなでつくる、みんなのまち「ミナガルテン」始動。ガーデン、キッチンなどをシェア」の画像10 「みんなでつくる、みんなのまち「ミナガルテン」始動。ガーデン、キッチンなどをシェア」の画像11

当時の記事を読む

SUUMOジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年4月23日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク