コロナ影響がお湯にまで!この冬、絶対に給湯器を故障させてはいけない理由と対策

コロナ影響がお湯にまで!この冬、絶対に給湯器を故障させてはいけない理由と対策
拡大する(全5枚)

この冬、「給湯器が故障すると交換できない」という大問題が起きている!優良住宅部品(BL部品)の認定・普及を担う、一般財団法人ベターリビングでは、故障の予防をするよう勧めている。詳しく見ていこう。

【今週の住活トピック】
「冬期における給湯機器の故障予防等について」注意喚起/ベターリビング

なぜ給湯器の故障を予防する必要があるのか

ベターリビングがなぜ、給湯器の故障予防を訴えているのだろう。それには、次のような背景がある。
1.冬は気温が下がるので、給湯器の配管の凍結が発生するなど、故障が起こりやすい
2.現在、給湯機器については、海外からの部品供給の遅延により市場在庫が不足している

給湯器の交換ができないといったことは、ニュースなどでも話題になっていたが、「住んでいる賃貸住宅の給湯器が故障したので、大家に修理交換を求めたら3カ月先になるという回答だったので、それならその間は家賃を減額してほしいと要望した」といったツイートが、Twitterでも話題になったりしている。

そこで同財団は、給湯器の故障を防ぐなどの情報を取りまとめて、ホームページに公開したというわけだ。

冬の給湯器の故障を防ぐにはどうしたらいいのか

同財団の「冬期における給湯機器の故障予防対策等について」に記載された、寒波到来時の予防対策を紹介しよう。

(1)長期不在でもコンセントを抜かず、電源プラグがコンセントに差し込まれている状態にする
給湯機器には、外気温の低下を感知すると自動的に作動する機器本体の「凍結予防ヒーター」と、機器本体と浴槽間の配管を水で満たし凍結を予防する「自動ポンプ運転装置(追焚き機能付きのみ)」が備え付けられているので、電源プラグがコンセントに差し込まれていることを確認する。


この記事の画像

「コロナ影響がお湯にまで!この冬、絶対に給湯器を故障させてはいけない理由と対策」の画像1 「コロナ影響がお湯にまで!この冬、絶対に給湯器を故障させてはいけない理由と対策」の画像2 「コロナ影響がお湯にまで!この冬、絶対に給湯器を故障させてはいけない理由と対策」の画像3 「コロナ影響がお湯にまで!この冬、絶対に給湯器を故障させてはいけない理由と対策」の画像4
「コロナ影響がお湯にまで!この冬、絶対に給湯器を故障させてはいけない理由と対策」の画像5
編集部おすすめ

当時の記事を読む

SUUMOジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク