空き家を日替わりで活用。地域住民によるコーヒー店から結婚式場まで 東京都調布市深大寺
拡大する(全16枚)

東京都調布市深大寺で空き家問題に取り組むコミュニティ「空き家をスナックする会」。「まずやってみる」をコンセプトに、メンバー自らが空き家のDIY改装を行い、工作や料理のワークショップ、間借りでの店舗運営、さらには結婚式など、さまざまな形で活用している。発起人の薩川良弥さんに、活動の背景やこれまでの事例、今後の展望について聞いてみた。

地域の人たちと空き家の活用方法を模索

――はじめに「空き家をスナックする会」とはなんですか?

薩川良弥(以下、薩川):空き家を活用することによって、街の活性化につなげることを目的としたコミュニティです。メンバーはオンラインでつながり、アイデアを出し合いながら企画を固め、みんなで実践していくチャレンジ型のチームですね。2018年3月に立ち上げて、現在の会員数は70名ほどです。

空き家を日替わりで活用。地域住民によるコーヒー店から結婚式場まで 東京都調布市深大寺

「空き家をスナックする会」の運営者、薩川良弥さん(写真撮影/松倉広治)

薩川:現在、主に運営している元空き家のスペースは2箇所。調布の深大寺エリアにある「いづみや」と「COMORI」です。「空き家をスナックする会」のメンバーであれば利用が可能で、それぞれが企画を発案して自ら協力者を募り、これまでにさまざまな形で利用されています。

――「いづみや」、「COMORI」はどんな施設ですか?

薩川:「いづみや」は元お蕎麦屋さんでした。10年ほど空き店舗だった建物を改装し、今は地域に住むメンバーに間借りしてもらって日替わりのお店を運営しています。リアルな店舗で思い思いの“商売”ができるということで、人気の施設になっていますね。現在、月の半分は埋まっていますよ。


この記事の画像

「空き家を日替わりで活用。地域住民によるコーヒー店から結婚式場まで 東京都調布市深大寺」の画像1 「空き家を日替わりで活用。地域住民によるコーヒー店から結婚式場まで 東京都調布市深大寺」の画像2 「空き家を日替わりで活用。地域住民によるコーヒー店から結婚式場まで 東京都調布市深大寺」の画像3 「空き家を日替わりで活用。地域住民によるコーヒー店から結婚式場まで 東京都調布市深大寺」の画像4
「空き家を日替わりで活用。地域住民によるコーヒー店から結婚式場まで 東京都調布市深大寺」の画像5 「空き家を日替わりで活用。地域住民によるコーヒー店から結婚式場まで 東京都調布市深大寺」の画像6 「空き家を日替わりで活用。地域住民によるコーヒー店から結婚式場まで 東京都調布市深大寺」の画像7 「空き家を日替わりで活用。地域住民によるコーヒー店から結婚式場まで 東京都調布市深大寺」の画像8
「空き家を日替わりで活用。地域住民によるコーヒー店から結婚式場まで 東京都調布市深大寺」の画像9 「空き家を日替わりで活用。地域住民によるコーヒー店から結婚式場まで 東京都調布市深大寺」の画像10 「空き家を日替わりで活用。地域住民によるコーヒー店から結婚式場まで 東京都調布市深大寺」の画像11 「空き家を日替わりで活用。地域住民によるコーヒー店から結婚式場まで 東京都調布市深大寺」の画像12
「空き家を日替わりで活用。地域住民によるコーヒー店から結婚式場まで 東京都調布市深大寺」の画像13 「空き家を日替わりで活用。地域住民によるコーヒー店から結婚式場まで 東京都調布市深大寺」の画像14 「空き家を日替わりで活用。地域住民によるコーヒー店から結婚式場まで 東京都調布市深大寺」の画像15 「空き家を日替わりで活用。地域住民によるコーヒー店から結婚式場まで 東京都調布市深大寺」の画像16