一度は食べてみたい!日本が世界に誇る肉の王様“ブランド和牛”

一度は食べてみたい!日本が世界に誇る肉の王様“ブランド和牛”

11月29日は「いい肉の日」。「い(1)い(1)に(2)く(9)」の語呂合せから、宮崎県の「より良き宮崎牛づくり対策協議会」が提唱している記念日だ。

肉といえば、牛肉、豚肉、鶏肉など様々な種類があるが、やはり王様といえば牛肉だろう。なかでも松阪牛をはじめとしたブランド牛と呼ばれる一部の和牛は、日本国内はもちろん、海外でも高い評価を得ている。そこでここでは「いい肉の日」にちなんで、日本各地のブランド牛をいくつか挙げてみたい。参考:松阪牛ポータルサイト(http://matsusaka.no.land.to/)


■宗谷黒牛(北海道)

全国で200を超す銘柄牛のうち、最北端で作られている。黒毛和牛と外来種アンガスなどの掛け合わせで、双方の“いいとこ取り”を実現。


■米沢牛(山形県)

黒毛和種で山形県の置賜郡地方で12ヶ月以上飼育されて、日本食肉格付協会が定めるA5、B5と格付けを受けた枝肉重量が雌で330kg、去勢で380kg以上のものをいう。


■松阪牛(三重県)

言わずと知れた“王様の中の王様”。黒毛和種牝牛で松阪市を中心とした地域で肥育した優秀牛で、肥育日数500日以上、牝の未経産和牛などが条件とされている。


■熊野牛(和歌山県)

丁寧すぎるほどの飼育で現在では約200頭位しか存在しておらず、また月8頭程度しか出荷されていない大変稀少価値の高い和牛。


■近江牛(滋賀県)

三大和牛のひとつとされる。黒毛和種の和牛が滋賀県内で最も長く肥育された場合に許される呼称で、肉のきめが細かいのが特徴。


あわせて読みたい

SUUMOジャーナルの記事をもっと見る 2012年11月29日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。