アズビル、住宅用全館空調システム「きくばり」の新製品を販売

アズビル株式会社(本社:東京都千代田区)は、1システムの空調機で家中を冷暖房、換気、空気清浄する一般住宅用全館空調システム「きくばり(TM)」(※1)に、床面積30坪~40坪前後の住宅向けで、省エネ性能APF5.0(※2)を実現した新製品「きくばりfシリーズ」を加え、12月17日より販売を開始した。

azbilグループは「人を中心としたオートメーション」の理念の下、「生産および執務居住空間での次世代ソリューション」を推進している。幅広い市場で高い実績を持つ生産制御システム・環境制御システムと、エンジニアリング・サービス力を総合したソリューションで、次世代の製造装置や執務居住環境に最適な付加価値を提供。今回の全館空調システムの開発も、その一環という位置づけとなる。

一般住宅用全館空調システム「きくばり」は、これまでは主に延床面積40坪以上の住宅向けのシステム(4~6馬力)を販売してきたが、今回の新商品は、日本の戸建て住宅建築棟数で最も多い30坪~40坪前後の住宅への導入に最適なラインアップ(2.5馬力および3馬力(※3)、0.5畳の機械室設置型)となる。

また本製品は、10月の発表以降もさらなる技術開発、実証試験を重ね、APF5.0の省エネ性能を実現し、さらに電気料金単価の安い三相電源(※4)を用いることも可能でそれらにより、年間の電気代は同社従来機種を使用した場合に比べて約40%削減することができる。


あわせて読みたい

気になるキーワード

SUUMOジャーナルの記事をもっと見る 2013年12月18日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「株式」のニュース

次に読みたい関連記事「株式」のニュースをもっと見る

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。