煎餅×唐揚げは旨いのか? 浅草『ケンティーズキッチン』で手焼き煎餅を衣に使ったからあげを食べてきた

煎餅×唐揚げは旨いのか? 浅草『ケンティーズキッチン』で手焼き煎餅を衣に使ったからあげを食べてきた
拡大する(全7枚)

 東京・浅草といえば、外国人観光客が必ず訪れる、都内有数の観光スポット。美味しいものもたくさんあり、とくに浅草寺周辺には、ここでしか食べることができないのではないかと思える名物がたくさんあります。今回ご紹介するものもそのひとつ。浅草の新名物になる予感もする逸品です。

煎餅×唐揚げは旨いのか? 浅草『ケンティーズキッチン』で手焼き煎餅を衣に使ったからあげを食べてきた

 訪れたのは『ケンティーズキッチン 浅草店』。ここでは、からあげグランプリ・素材バラエティ部門で最高金賞を1回、金賞を2回受賞している「せんから」を食べることができます。

煎餅×唐揚げは旨いのか? 浅草『ケンティーズキッチン』で手焼き煎餅を衣に使ったからあげを食べてきた

「せんから」とはあまり聞き慣れない言葉ですが、勘のいい人はお気づきでしょう。そう、せんべい×からあげのコラボメニューなんです。浅草寺の仲見世にある、明治17年創業の老舗せんべい店『壱番屋』の手焼きせんべいを衣に使った、珍しいからあげです。

衣はせんべいのみ。醤油味からは米の風味も

煎餅×唐揚げは旨いのか? 浅草『ケンティーズキッチン』で手焼き煎餅を衣に使ったからあげを食べてきた

 まずは「せんから」をいただきます。1個が40~50gほどもあるでしょうか。衣は砕いたせんべいと、砕くときにできた米粉のみ。“衣=100%せんべい”ということですね。ビジュアルは一般的なからあげとは異なり、かなりクリスピー感があります。細かく砕いたせんべいの破片がランダムな大きさで肉を覆っています。

 さっそくひと噛み。当然、せんべいのガリッとした食感があります。その中からは、香ばしい風味も。歯ざわりは“ソフトな歌舞伎揚げ”といった印象です。ガリザク食感の衣の下には、醤油味のやわらかい鶏肉。この外と中のギャップが最高。食べていくうちに固かった衣が徐々に溶けるようにやわらかくなっていきます。


この記事の画像

「煎餅×唐揚げは旨いのか? 浅草『ケンティーズキッチン』で手焼き煎餅を衣に使ったからあげを食べてきた」の画像1 「煎餅×唐揚げは旨いのか? 浅草『ケンティーズキッチン』で手焼き煎餅を衣に使ったからあげを食べてきた」の画像2 「煎餅×唐揚げは旨いのか? 浅草『ケンティーズキッチン』で手焼き煎餅を衣に使ったからあげを食べてきた」の画像3 「煎餅×唐揚げは旨いのか? 浅草『ケンティーズキッチン』で手焼き煎餅を衣に使ったからあげを食べてきた」の画像4
「煎餅×唐揚げは旨いのか? 浅草『ケンティーズキッチン』で手焼き煎餅を衣に使ったからあげを食べてきた」の画像5 「煎餅×唐揚げは旨いのか? 浅草『ケンティーズキッチン』で手焼き煎餅を衣に使ったからあげを食べてきた」の画像6 「煎餅×唐揚げは旨いのか? 浅草『ケンティーズキッチン』で手焼き煎餅を衣に使ったからあげを食べてきた」の画像7
編集部おすすめ

当時の記事を読む

食楽webの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「から揚げ」に関する記事

「から揚げ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「から揚げ」の記事

次に読みたい「から揚げ」の記事をもっと見る

グルメニュースランキング

グルメランキングをもっと見る
お買いものリンク