コロナで教員の多忙さ増す。学校は変われるのか?

コロナで教員の多忙さ増す。学校は変われるのか?
       

先日、政府から「正月休みを11日まで」と、企業に呼び掛ける動きが出ましたが、萩生田文部科学大臣は、「学校は無理です!」と、即座にノーを出しました。現在の所、学校は対象外という事なので一安心ですが、とにかく、今、学校の現場から悲鳴が上がっています。休校措置が明けて5ヶ月過ぎた今、学校はどうなっているのか?先生達の仕事は増えているのか?10月29日TBSラジオ「森本毅郎・スタンバイ!」(月~金、6:30~8:30)の「現場にアタック」で、レポーター田中ひとみが取材報告しました。

まずは、先生達の労働時間は増えているのか?横浜市立日枝小学校の校長、住田昌治さんに聞きました。

★教員の長時間労働コロナ禍で悪化

横浜市立日枝小学校・校長 住田昌治さん
「率直に言って増えてます。春に本来やっていた修学旅行や遠足、運動会を、だいたい今年は秋に回しているので、過密になっている。今までと違うやり方でやらなければならない分、準備にかける時間もかなり取られる。特に小学校は、今年から学習指導要領が新しくなったので、英語が強化されたりプログラミング学習が始まったり、今年になってやらなければならないことが元々増えていた。それにプラスして、消毒作業や感染症予防をしながらの授業など、そういう関係で当然のことながら労働時間は伸びている。」

▼オンライン授業が推進されましたが、ネット環境が整い、生徒全員に機器が支給されるなど、本当の意味で定着しているのはごく一部の先進的な私立校だけということです

コロナで教員の多忙さ増す。学校は変われるのか?の画像はこちら >>

休校の遅れを取り戻すために、授業のコマ数を増やしたり、土曜学級を開いたり、学校に来ない生徒には授業をオンラインで配信したりというのは以前から続いていますが、それに加えて、学校によっては、こちらのように、春、実施予定だった遠足や運動会が、この時期に、ずれ込んで、今、いっそう忙しくなっている学校も多いようです。当然、新しい様式の遠足、運動会を考えなければいけので、やり方を根本から見直すので大変。


あわせて読みたい

TBSラジオの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「働き方改革」に関する記事

「働き方改革」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「働き方改革」の記事

次に読みたい「働き方改革」の記事をもっと見る

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月30日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。