「このミステリーがすごい!大賞を取るための傾向と対策は5つ」作家・新川帆立の語りに伊集院&竹内が引き込まれる

「このミステリーがすごい!大賞を取るための傾向と対策は5つ」作家・新川帆立の語りに伊集院&竹内が引き込まれる
       

毎週月曜日~木曜日、朝8時30分からお送りしているTBSラジオ「伊集院光とらじおと」

「伊集院光とらじおとゲストと」

1月19日(火)のゲストは、作家の新川帆立さんでした。

「このミステリーがすごい!大賞を取るための傾向と対策は5つ...の画像はこちら >>

聞きたいことが大渋滞。帆立で、弁護士で、プロ雀士だったことも!?

宝島社が主催する「このミステリーがすごい!」大賞を受賞した作家の新川帆立さん。

まず、ペンネームの由来について尋ねると「本名に帆立の帆という字が入っていて、いつも電話で帆立の帆ですっていう風に伝えていて。その流れで丁度覚えてもらいやすいかな」と教えてくれ「実験ができないんで調べられないけれども、僕はそう思うます」とのこと。「サザエさんの新キャラクターみたいですよね」とひと笑い誘ってくれました。

また、その経歴も一風変わっていて伊集院は「もらっているプロフィールだけで聞きたいことが大渋滞」と話し、作家となった経緯についてイチから伺っていきました。

新川さん曰く「高校生の頃から作家になりたくて」「そのためには資格のある専門職で日銭を稼ぎながらトライしなきゃと思って」ということから弁護士になったそうです。

「このミステリーがすごい!大賞を取るための傾向と対策は5つ」作家・新川帆立の語りに伊集院&竹内が引き込まれる

作家を目指したきっかけは夏目漱石『吾輩は猫である』

そんな新川さんが作家を目指したきっかけとなった本が夏目漱石の『吾輩は猫である』。

伊集院がその魅力についてうかがうと「猫目線で書いてあって、猫が可愛いんですね、まず。そして、先生が結構自虐と言うか自分の悩みをちょっとした笑いに変えて書いてあるのでゲラゲラ笑いながらも、ちょっと自分の悩みも軽くなる」と解説。


当時の記事を読む

TBSラジオの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月26日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。