首都直下型地震で起きる大規模火災

首都直下型地震で起きる大規模火災
拡大する(全1枚)

東日本大震災から10年ですが、首都圏では、いつ首都直下型地震が起きてもおかしくない状況。その首都直下型地震では、国や都の推計によれば、一番死者を出すのは直後の「火災」だとされています。何が起きるのか?どうしたらいいのか?3月10日TBSラジオ「森本毅郎・スタンバイ!」(月~金、6:30~8:30)の「現場にアタック」で取材報告しました。

まずは、首都直下型地震での火災のリスクについて、防災の専門家で、ご自身も阪神淡路大震災を体験したという兵庫県立大学防災教育センター長、室崎益輝さんに伺いました。

★今の方が木造家屋が密集・・・

兵庫県立大学防災教育センター長 室崎益輝さん
「都市火災、市街地大火っていうものが、最も恐ろしいものではないかと思っています。東京の市街地を見ると、密集市街地が広範囲に形成されて、その密集市街地の連続している状況は、関東大震災のとき以上に木造が密集しているわけですよね。もし首都直下の地震がおきて火災が発生すると、数十万棟もの家屋が燃えると予測されています。数十万戸もの家屋がどんどん延焼していくと、やっぱり逃げ切れない人がたくさん出てきて死んでしまうんではないかと思います。関東大震災以上の被害が出てしまうのではないかと私は考えています」

関東大震災で大きな被害が出た墨田区の市街地図と今の新宿から吉祥寺あたりの市街地図を重ねると、実は今の方が木造家屋が密集していて、かつ範囲が広い。そのため国や都の推計では火災が起きると、東京で50~60万棟が焼けて、1~2万人くらいの死者が出てしまう恐れがあるとされています。


当時の記事を読む

TBSラジオの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年3月11日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。