新型コロナの流行下、視覚と聴覚両方に障害がある「盲ろう者」の抱える課題

新型コロナの流行下、視覚と聴覚両方に障害がある「盲ろう者」の抱える課題
拡大する(全3枚)

毎週土曜日「蓮見孝之 まとめて!土曜日」内で8時20分頃から放送している「人権トゥデイ」。

様々な人権をめぐるホットな話題をお伝えしています。
今回のテーマは、「新型コロナの流行下、視覚と聴覚両方に障害がある盲ろう者の抱える課題」

担当:崎山敏也

視覚と聴覚、両方に障害がある「盲ろう者」の現状について、崎山記者が、東京・浅草橋にある「東京都盲ろう者支援センター」(「東京盲ろう者友の会」が運営)で取材しました。お邪魔したのは、6月の初め、「指点字」の勉強会です。点字は6つの点で言葉を表しますが、「指点字」は盲ろう者の手の甲に、指で点字のように「触って」、言葉を読み取ってもらいます。

この日の参加した「盲ろう者」は、教える人も合わせ7人。人とのコミュニケーションを指点字などで助け、外出のための移動を介助する「通訳介助者」が一人一人の横にいるので、部屋には14人ほどいました。

▼「指点字」教室の様子。盲ろう者と通訳介助者が並んで座る

新型コロナの流行下、視覚と聴覚両方に障害がある「盲ろう者」の...の画像はこちら >>

参加者は(崎山記者も)自己紹介で「どういうコミュニケーション方法を使っているか」必ず、話しておきます。見え方、聞こえ方は様々で、触って伝える「触手話」や、手のひらに文字を書いてもらったり、指点字を使いながら、同時に手話や声を使う、使える人もいます。

東京では、新型コロナウイルスによる感染症の流行が始まった去年は、「通訳介助者」を盲ろう者が利用した時間の合計が、その前の年より半分ぐらいに減りました。盲ろう者支援センターの、前田晃秀センター長は「一人で、人と円滑に、スムーズにコミュニケーション取ることができない。これは情報を得ることもそうですし、単独で見えない、聞こえない状態で、一人で歩くのは難しいから、ここはやっぱり人の力が必要になるわけですね。この通訳介助者の派遣を受けるということで、それ自体が密になってしまうというのが非常にこのコロナ対応において難しいところです」と話します。


この記事の画像

「新型コロナの流行下、視覚と聴覚両方に障害がある「盲ろう者」の抱える課題」の画像1 「新型コロナの流行下、視覚と聴覚両方に障害がある「盲ろう者」の抱える課題」の画像2 「新型コロナの流行下、視覚と聴覚両方に障害がある「盲ろう者」の抱える課題」の画像3
編集部おすすめ

当時の記事を読む

TBSラジオの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク