【2月20日は旅券の日】日本のパスポート、実は5色あるって知ってた?

【2月20日は旅券の日】日本のパスポート、実は5色あるって知ってた?

(C) Ayae Ejima

2月20日は、「旅券の日」。日本のパスポートの色が赤と紺に分けられるのは、皆さんご存知でしょう。しかし、それは一般旅券だけの話。実は日本のパスポートには、緑や茶色など、全部で5色もあるのです。普段なかなか目にすることのない、それらのパスポートの正体とは・・・?パスポートの種類を色の違いから解説します。

紺(有効期限5年の一般旅券)
【2月20日は旅券の日】日本のパスポート、実は5色あるって知ってた?


希望すれば誰でも申請できるのが、一般旅券。単に「パスポート」というときは、たいてい一般旅券のことを指していますね。よく知られているように、日本の一般旅券には2種類の色があり、その違いは有効期限の長さです。

紺色のパスポートは、5年間と有効期限が短いのが特長。20歳以上の人は、5年または10年、好きなほうを選べますが、20歳未満の人は有効期限が5年未満のパスポート、つまり紺色のパスポートしか持つことができません。紺色をした有効期限5年のパスポートの申請費用は、11,000円。ただし、12歳未満の場合は6,000円に減額されます。

赤(有効期限10年の一般旅券)
【2月20日は旅券の日】日本のパスポート、実は5色あるって知ってた?


日本人の大人が持つパスポートとして、最も一般的な色が赤。こちらも紺色のパスポート同様、一般旅券に区分され、有効期限は10年間です。20歳以上の人のみ取得ができ、申請費用は16,000円。1年あたりのコストは紺色のパスポートよりも割安になっています。

緑(公用旅券)
【2月20日は旅券の日】日本のパスポート、実は5色あるって知ってた?

(C) Ayae Ejima

あわせて読みたい

TABIZINEの記事をもっと見る 2019年2月20日のトラベル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。