世界初の“泊まれる茶室”に泊まってみた!*hotel zen tokyo*【宿泊ルポ】

世界初の“泊まれる茶室”に泊まってみた!*hotel zen tokyo*【宿泊ルポ】


竹×黒の連子格子が都心の中に風情を届ける
世界初の“泊まれる茶室”に泊まってみた!*hotel zen tokyo*【宿泊ルポ】


進化著しいカプセルホテルやキャビン型ホテルですが、その中でどこにもないデザインとして誕生したのが、日本独自の茶室をベースに据えた「hotel zen tokyo」。そのミニマリズムの空間の居心地は・・・

世界初の“泊まれる茶室”に泊まってみた!*hotel zen tokyo*【宿泊ルポ】


世界初の“泊まれる茶室”に泊まってみた!*hotel zen tokyo*【宿泊ルポ】


東京・人形町駅を出ると、雑居ビルが立ち並ぶ中でひときわ際立つ竹と黒格子が連なるファサード。白い暖簾が風に揺れる、草庵を思わす佇まいに心が惹かれます! 暖簾をくぐるとすぐ左手にフロントがあり、これまた非常にミニマル。カードキーを受け取り、自分の宿泊フロアにしか入室できないセキュリティシステムになっています。 

京の町屋か⁉ 雨に濡れた黒い露地に連なる“泊まれる茶室”
世界初の“泊まれる茶室”に泊まってみた!*hotel zen tokyo*【宿泊ルポ】


世界初の“泊まれる茶室”に泊まってみた!*hotel zen tokyo*【宿泊ルポ】


宿泊フロアに入ると、黒い露地に見立てた通路の両側に、白壁と木肌が美しい“泊まれる茶室”が並びます。本物の黒い玉砂利の演出があるのも驚き! 飾り窓を模した意匠も素敵で、藍の暖簾が下がるにじり口をくぐると、今日泊まる客室が待っています。

世界初の“泊まれる茶室”に泊まってみた!*hotel zen tokyo*【宿泊ルポ】


開業してから間もないこともあり、木の香りが仄かにする、BGMなどもない静かな空間。幅1.2m、天井高2mの客室(ポッド)は、白木の木肌と砂壁から優しいぬくもりが伝わってくるよう。立つことができるので、圧迫感を感じることもなく、デュペタイプのベッドでゆっくりと眠れそうです。

世界初の“泊まれる茶室”に泊まってみた!*hotel zen tokyo*【宿泊ルポ】


実は、フロントなどの壁面はコンクリート、客室フロアの壁面は砂壁などのイメージで造られ、都会の喧騒の中にある山奥のような「市中の山居」というコンセプトが、館内すべてに行き届いています。

あわせて読みたい

気になるキーワード

TABIZINEの記事をもっと見る 2019年6月14日のトラベル記事
「世界初の“泊まれる茶室”に泊まってみた!*hotel zen tokyo*【宿泊ルポ】」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    画像では通路から室内が丸見えなんだが?

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「リゾート」のニュース

次に読みたい関連記事「リゾート」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ホテル」のニュース

次に読みたい関連記事「ホテル」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ハワイ」のニュース

次に読みたい関連記事「ハワイ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。