日帰りで沼津を気軽に楽しむ!駿河湾の魅力ひしめく「港八十三番地」現地ルポ【静岡県】

東京から電車で約1時間と、気軽に日帰りでも訪れられる沼津。沼津港のほど近くに佇む、食と観光テーマパーク「港八十三番地」は沼津を代表するスポットとして人気を博しています。今回は新アトラクションも登場し、ますます話題を集める港八十三番地を現地ルポ!
日帰りで沼津を気軽に楽しむ!駿河湾の魅力ひしめく「港八十三番地」現地ルポ【静岡県】

(C)Nao

世界初!“深”に特化した水族館
日帰りで沼津を気軽に楽しむ!駿河湾の魅力ひしめく「港八十三番地」現地ルポ【静岡県】

(C)Nao

港八十三番地を代表するスポット、「沼津港深海水族館シーラカンス・ミュージアム」。世界初の“深海”に特化した水族館で、駿河湾で採集した深海生物や世界中のユニークな生き物を展示。コンパクトな規模感なので気軽に見学できるのも魅力です。

日帰りで沼津を気軽に楽しむ!駿河湾の魅力ひしめく「港八十三番地」現地ルポ【静岡県】

(C)Nao

目玉はなんと言っても「シーラカンスミュージアム」。“生きた化石”とも呼ばれるシーラカンスを冷凍と剥製にて展示。冷凍個体を見れるのは世界中でこの水族館だけなのだそう!

日帰りで沼津を気軽に楽しむ!駿河湾の魅力ひしめく「港八十三番地」現地ルポ【静岡県】

(C)Nao

日本で最も多く生息するという「ミズクラゲ」。時間の流れによって水槽の色が変化し、神秘的な世界観を演出。しなやかで透明な身体は思わず見入ってしまうほどの美しさに満ちています。

日帰りで沼津を気軽に楽しむ!駿河湾の魅力ひしめく「港八十三番地」現地ルポ【静岡県】

(C)Nao

駿河湾に凄む「イバラガニモドキ」。漁獲量が少ないため大変高価なカニとして扱われているのだそう。

日帰りで沼津を気軽に楽しむ!駿河湾の魅力ひしめく「港八十三番地」現地ルポ【静岡県】

(C)Nao

カサゴやマダラハナダイなどの深海魚たち。日頃食卓に登場する魚ものびのびと泳いでいる姿を眺めていると、どこか新鮮な気持ちにもなります。

他にも深海のプラネタリウムや、古代の海をモチーフとした展示など見所が満載。子供はもちろん大人でも好奇心をそそられること間違いなしですよ!

あわせて読みたい

TABIZINEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月2日のトラベル記事

キーワード一覧

  1. 観光 東京

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。