【イタすぎるセレブ達・番外編】訃報・女優エリザベス・テイラー死去、79歳。

【イタすぎるセレブ達・番外編】訃報・女優エリザベス・テイラー死去、79歳。
うっ血性心不全で死去した女優エリザベス・テイラー
       
「リズ」の愛称で世界中から親しまれた大女優のエリザベス・テイラーが、23日、入院先のロサンゼルスの病院で、うっ血性心不全のため死去した。79歳だった。

テイラーは先月初め、04年から患っているうっ血性心不全による呼吸不全を訴え、ロスのシーダーズ・サイナイ病院に入院していた。今月15日には代理人が「病状は安定したものの、引き続き入院し治療を続ける」と発表したばかりだった。先月末、27日の彼女の誕生日には友人達が病床を見舞いに訪れ、テイラーは当日行われたアカデミー賞授賞式をTVで観たりと楽しい時間を過ごしたというが、これが最後の誕生日となった。

1932年に美術商の父、舞台女優の母という米国人の両親のもとに英ロンドンで生まれたが、戦渦を逃れて米国に移住。その後ハリウッドで少女スターとして活躍し、以後『陽のあたる場所』、俳優ジェームス・ディーンと共演した『ジャイアンツ』などの映画で人気美人女優としての地位を確立した。その後60年代に映画『バタフィールド8』、『バージニア・ウルフなんかこわくない』で2度のオスカー主演女優賞を受賞し演技派女優へと開眼、合計50本を超える映画に出演した。

テイラーはまた、18歳で結婚した最初の夫、ホテル王の息子コンラッド・ヒルトンJr.(パリス、ニッキー・ヒルトン姉妹の祖父の兄)を皮切りに、8度の結婚と7回の離婚を経験した「恋多き女」としても知られる。お相手も俳優、プロデューサー、歌手、政治家、工事現場作業員と多岐にわたり、4人の子供をもうけたが晩年は独身で過ごした。

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年3月24日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。