【アジア発!Breaking News】死後8時間。検死中に生き返った男性。(台湾)

22日、末期癌を患う男性が河に飛び降りた。午前7時50分頃、排水溝で発見された男性は病院へ運ばれるも午前9時に死亡。ところが、死亡確認から8時間後、監察医が男性の検死をしていると、男性が生き返ったというから驚きだ。男性はすぐにICUに運ばれたが2時間後再び死亡した。

監察医によれば、男性の遺体はICUの隅に、まだ管が抜かれていない状態で置かれていたが、当時その瞳孔は開き、脈も止まっていることが確認されている。

監察医は管を抜き検死を始めると、男性の手が少し動いたことに気付いたという。しかし、自分がぶつかったのだと思い、気に留めなかった。すると今度は、腹部が膨らんだ。それでも、この日は検死が続いていたため、疲れか目の錯覚だろうと気を取り直した。ところが、顔を上げてみると男性が大きな口を開けて呼吸していたそうだ。

駆けつけた医師は、男性の自発呼吸がはっきりしていることから、ICUで観察を続けることを勧めたが、家族が救命措置を拒否したため、蘇生から2時間後の午後7時半頃、再び死亡が確認された。

癌治療は辛いと聞く。男性は、そんな毎日の中で未来への希望もなくなり、自ら死ぬことを選んだのかもしれない。しかし男性は息を吹き返した。それもはっきりと。そこからは男性の「元気にもっと生きたかった」という強い思いが感じられてならない。
(TechinsightJapan編集部 片倉愛)

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2011年5月27日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。