あの事故から約4年。生還したドラマー、トラヴィス・バーカーは今なお飛行機恐怖症。
拡大する(全1枚)
トラヴィス・バーカーと子ども達
人気バンド「ブリンク182」のドラマー、トラヴィス・バーカー(36)が飛行機事故で重傷を負ったのは2008年9月のこと。あれから約4年。今もなお飛行機恐怖症に苦しむトラヴィスは、子ども達のために恐怖心を克服することに意欲をみせている。

まさに悲惨な事故であった。トラヴィス・バーカーのほか故DJ AM(享年36)ら計6名が搭乗していた小型飛行機がサウスカロライナ州コロンビアの空港で離陸に失敗。飛行機はフェンスを乗り越えハイウェイを横切り大炎上。操縦士らが死亡しトラヴィスとDJ AMのみが重傷を負いながらも生還した。

その後DJ AMは薬物の過剰摂取で2009年に死亡。一方トラヴィスは定期的な運動を開始すると同時に薬の摂取をやめ、命を大事にする日々を過ごしているという。

だがそんな彼がどうしても克服できずにいるのは、飛行機に対する大きな恐怖心である。あれだけの事故に遭遇したのだ。もう二度と飛行機には乗りたくないという気持ちも当然であるが、トラヴィスは2人の幼い子ども達のためにも飛行機に対する恐怖心を克服したいと考えているという。トラヴィスは米誌『People』の取材に応じ次のように告白している。

「克服してみせたいと思っているんだ。子ども達も飛行機に乗ることを死ぬほど怖がっているからね。俺が克服する姿を見せてやりたいんだ。」

また飛行機に乗って行く旅先はすでにオーストラリアにしようと決めてあるという。