若き日のジョニー・デップに多大なる影響を与え、彼との愛で自身も大きく成長を遂げたのがスーパーモデルのケイト・モス。間もなくモスの自叙伝が発売になるが…。

11月6日に発売となる『The Kate Moss Book(原題)』のプロモーションを兼ね、積極的にインタビューに応じているスーパーモデルのケイト・モス(38)。昨年7月にロックミュージシャンのジェイミー・ヒンスと結婚し、プライベートライフは本当に充実しているとのこと。だからこそ語れることもいっぱいあるのだろう。

特に、1994年に恋におちて婚約するも1998年の春に破局した俳優ジョニー・デップとの思い出についても触れている。デップは長年のパートナーであったフランス人歌手ヴァネッサ・パラディと最近破局したが、モスはその時何を感じたのであろうか。『Vanity Fair』誌にモスが話した内容から、興味深い部分をお伝えしてみたい。

■ヘロインはやっていない
「ヘロインはやってみようと思ったことすらないわ。痩せこけて顔色が悪くて目の下にはクマ、“ヘロイン・シック”って呼ばれたあの雰囲気は、コリン・デイ(モスを撮り続けたカメラマン)が生みだした最高傑作のひとつね。」

■拒食症ではない
「私は確かにガリガリだった。でもそれはショーに追われて一日中働きっぱなしだったから。ミラノのB&Bに宿泊しているから夕食はナシ。朝食のみで頑張るわけ。駆け出しのモデルにランチをごちそうだなんて、あのカーラ・ブルーニ(元モデルでサルコジ仏・前大統領の夫人)がたった1回誘ってくれただけだわ。」