ザ・ヴィンセンツやチャーリー&ザ・ホット・ホイールズで活躍したロックンローラーの荒井謙さんが8月1日、あの世に旅立ったことをエロキンズのエロヴィス佐藤がツイッターで伝えた。氣志團の綾小路翔は訃報を知って「憧れの人でした」「残念です」と辛い胸のうちをつぶやいている。

荒井謙さんはTHE VINCENTS(ザ・ヴィンセンツ)のボーカル&ギターとしてメジャーデビュー、その後もCHARLIE & THE HOT WHEELS(チャーリー&ザ・ホット・ホイールズ)やSLICK CAT JESUS(スリックキャットジーザス)などを牽引してロック界に旋風を吹かせたが、最近は病気ため療養していた。8月1日、『エロヴィス佐藤(elovissato)ツイッター』にて「荒井謙が8月1日20時、この世を旅立ちました。葬儀などは身内関係者のみで執り行う予定です」と訃報がツイートされた。後日アラケンを偲ぶ会などを開催予定という。

エロヴィス佐藤は「KEN ARAIはヴィンセンツ、トランプス、チャーリー&ホットホイールズ、スリックキャットジーザス、東京クランプス、等…死ぬまでロックを愛し続けた男でした…R.I.P」と偲んでいた。彼のツイートで荒井謙さんの訃報を知り多くの人々が悲しみをつぶやいている。takashihonda8969さんは昨年の6月につぶやいていた「元ザ・ヴィンセンツの荒井謙氏から音楽活動再開するとLINEで連絡をもらった」「1日も長く