世界一の肥満を目指していた女性が妊娠 お腹の赤ちゃんを守るため減量に励む(米)

テックインサイトでは昨年9月に、世界一の肥満を目指し「動けなくなるまで太りたい」と体重増加に励んでいた米テキサス州フォートワースに暮らす女性のニュースをお伝えした。現在その女性は妊娠中で、お腹の赤ちゃんを守るために「肥満世界一」への夢を諦めたようだ。英『The Sun』など複数メディアが伝えている。

昨年、モニカ・ライリーさん(28歳)は恋人のシドさん(26歳)に漏斗で特製ミルクシェーキを流し込んでもらう姿を各メディアで報じられ一躍話題の人になった。体重が318kgあり、1日最大10,000キロカロリーを摂取するという不健康な食生活を続けていたモニカさんは、シドさんから大量の食事を与えられ女王様のように扱われることを喜びとしていたが、現在は心を入れ替えて減量に励んでいるという。

初めてモニカさんが妊娠したのは昨年の夏、ちょうどメディアで報じられていた頃であった。モニカさんはシドさんと新しい命に喜びながらも危険な食生活を送り続けていたために、妊娠12週目の検査の時に胎児が奇形であることがわかり堕胎した。

その数か月後に再び妊娠が発覚するが、14週目で流産した。2度の悲劇にモニカさんは激しく落ち込み、泣いてばかりの日々を過ごしたこともあったようだ。しかし今年3月、3度目の妊娠がわかった時、減量して健康的になることを決意した。

現在妊娠15週目のモニカさんは、すでに10週間で88kgの減量に成功している。「前は太りたいって思ってたけど、赤ちゃんができて目が覚めました。はっきりと言われたわけではないですが、やはり私の肥満は前の妊娠に影響していたと思います。過去の食生活は酷いものでしたから。初めての妊娠時は、自分の生活が大きく変わることに不安や怖さもありました。でももう赤ちゃんを失いたくないと思いました。こんな肥満体で妊娠することがいかに危険か、以前は気付かなかったんです。今は赤ちゃんを守るために健康になりたい。そうすれば赤ちゃんも強くなってくれるはずです」とモニカさんは話している。

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク