キャリー・フィッシャーの死に新事実 体内にヘロインやコカイン

キャリー・フィッシャーの死に新事実 体内にヘロインやコカイン
キャリー・フィッシャーの体内にはドラッグも…
映画『スター・ウォーズ』シリーズのレイア姫を演じ多くの映画ファンに愛された女優キャリー・フィッシャーが昨年、機内にて心肺停止状態になり着陸後に病院に搬送された。目撃者の多くが「もう助かりそうにない」と思うほど重篤に見えたといい、その数日後には病院で静かに息を引き取った。享年60歳。彼女の死因について、先日は当局が「睡眠時無呼吸と他の要因が絡んだ末の死であった」と公表したばかりだが、続いて「コカインなどが体内に残っていた」とする残念な結果が伝えられた。

このほどロサンゼルス郡検死官がキャリー・フィッシャーの検視報告書全文を発表し、キャリーの尿にコカインとオピエートが確認できたことが明らかになった。また少量のMDMA、ヘロインも検出されたという。しかしこれらを使用した時期や使用量は断定できず、これらドラッグがどれほど死に関係したかも不明とのことだ。

ちなみに死去後の長期に渡る調査で判明したのは「睡眠時無呼吸と他の要因が絡んだ末の死であった」「複数のドラッグ使用が確認された」という点のみで、他の要因など細かい点は謎のままだ。しかし愛娘で女優のビリー・ラードは先日声明を発表し、こう思いを明かしていた。

「母は生涯、薬物依存および精神疾患と闘いました。そのせいで命を落としたのです。こういう病気は恥だと考えられてしまう。だからこそ、母は病気を明かしていたのです。」

「自分の死を機に、悩みや苦しみをもっとオープンに語ってほしい。母はきっと、そう思っていることでしょう。どうか助けを求めてください。精神疾患プログラムに政府が資金を提供するよう闘ってください。」

陽気な性格で愛されたキャリーに続き、その母デビー・レイノルズも「娘が恋しい」と言い残して他界した。レイア姫に憧れた多くの映画ファンが、キャリーの死後ライトセーバーを夜空にむけ彼女を追悼。多くのファンが「早すぎる」とその死に涙していた。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2017年6月20日の海外セレブ記事
「キャリー・フィッシャーの死に新事実 体内にヘロインやコカイン」の みんなの反応 2
  • Mr.X 通報

    薬物は長期に渡って体内に残る。 タバコも例外ではない。 タバコを含む薬物が脳に与える作用と影響を今こそ広く認知させなければならないと思う。

    4
  • 調べてみた 通報

    タバコ=肺ガンは平山雄氏の論文におけるデータが唯一の根拠だが、科学的証拠にならん粗末なしろもの。調べたら受動喫煙も理由=医者が言ったから。タバコ最大の害は不快な臭い。麻薬にしたがる嫌煙家

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。