映画『ローマの休日』『ティファニーで朝食を』『マイ・フェア・レディ』などに主演し世界中の映画ファンに愛された女優オードリー・ヘプバーンが63歳で死去してから、すでに25年近くが経過した。しかし今も「彼女が憧れの女性」というセレブは多く、女優オリヴィア・ワイルド、ミラ・クニス、サンドラ・ブロックのほか、歌手テイラー・スウィフトも「オードリーにインスパイアされた」と明かしている。そんなオードリーは亡くなるまでスレンダーなボディを維持し、あまりにも華奢なため「摂食障害なのではないか」という噂が浮上したこともあった。これについて彼女の息子が取材に応じ、真相を明かした。

このほど故オードリー・ヘプバーンの息子が米『PEOPLE』の取材に応じ、1993年に死去したオードリーの体型についてこう語った。

「母はすごく細かったので、摂食障害を患っていると思われていたんです。でもそれは事実ではありません。」
「母はイタリア料理やパスタが好物でした。穀物を大量に食べていましたよ。肉類はそれほど食べませんでしたが、少しずつ何だって食べたんですよ。」

ちなみにオードリーの身長は約170センチで、体重は大人になってからずっと約50キロだったとのこと。亡くなるまでダイエットとは無縁だったという。チョコレートが大好きでウイスキーも飲んでいたというが、体を動かすことも好きだったと長年のパートナー(Robert Wolders)は話している。