ポール・ウォーカー事故死からまもなく4年 彼の言葉に滲み出ていた“熱い人生観”

ポール・ウォーカー事故死からまもなく4年 彼の言葉に滲み出ていた“熱い人生観”
多くの人に愛されたポール(画像は『Paul Walker 2017年7月1日付Instagram「“If I lose, winner takes my car clean and clear. But if I win, I take the cash, and I take the respect!”」』のスクリーンショット)
映画スターとして大成功をおさめ、私生活では元恋人との間に産まれた娘を愛する良き父だった俳優ポール・ウォーカー。彼は2013年11月、友人がハンドルを握るポルシェに乗り、街灯や街路樹に猛スピードで激突した車は瞬く間に爆発・大炎上しポールは友人と共にこの世を去った。そんなポールは、どのような思いを胸に40年の人生を突っ走ったのか。彼の言葉のいくつかをご紹介したい。

■父としての思い
「僕の母が、(父の娘への思いを)一番上手に表現していたよ。『小さな娘は、パパのハートをソフトにするものだから』ってね。」
「僕は自分が父親だってことが嬉しくてたまらない。ほとんどの時間、僕は父であることに最も集中している。そう、僕は役者だけれど、興味のあることは他にもたくさんあるんだ。」

■仕事
「仕事は、善良な人達としたいと思う。怒鳴り散らすような監督はごめんさ。そういう人とどうにかやっていくなんてできない。」
「今の僕にとって、役者業はもう労働って感じじゃない。誇りに思える作品に出る。それが全てさ。」
「でも人生は短いんだ。映画だけが全てじゃない。」
「僕は自分自身であるはずの“ポール・ウォーカー”より『ワイルド・スピード』シリーズのブライアンの方がしっくりくる。『ヘイ、ポール・ウォーカー』って声をかけられると、困惑してしまう。だけど『ブライアンだ!』なんて言われると、良い気分だね。」

■夢・哲学
「僕の哲学はこう。楽しめないことなら、やる意味はない。」

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年10月10日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。