“最も醜い整形顔”ジョセリン・ウィルデンシュタインさん逮捕される
拡大する(全1枚)
美容整形で失敗。私生活も失敗…!?
美容整形手術を繰り返せば繰り返すほど、「キレイになった」という褒め言葉からは遠のいてしまう。しかしソーシャライトとして今なお数多くの社交場に現れる。そんな不思議な女性が“最も醜い整形顔”として知られるジョセリン・ウィルデンシュタインさんである。イケメンな彼氏との交際はもう何年にもなっていたが、どうやらこの2人が大喧嘩を繰り広げ、警察に揃って連行されてしまったようだ。

ジョセリン・ウィルデンシュタインさん(Jocelyn Wildenstein)もすでに77歳。若い頃に浮気性の夫の気を引きたいと懸命に美容整形を繰り返し、使ったお金は4億円ほど。しかし夫はそんな妻に嫌気がさして離婚となり、世間は「これが美容整形に夢中になる女の末路。とんだ失敗例だ」などと騒ぎ立てた。しかし離婚で大変な額の慰謝料を受け取り、プライベートジェットまで持つ彼女の資産はやはり魅力的。2011年には27歳も年下のロイド・クラインさんというカナダ人ファッションデザイナーと交際するようになり、その後はキレイになって世間を驚かせたものである。

揉め事が絶えないと言われながら、なぜか破局することもなかったこの2人。しかし5日午前1時ごろ、ニューヨーク・マンハッタンの高級アパートの自宅で2人は大喧嘩を繰り広げて911番通報となり、揃って警察に逮捕・連行されてしまったことを米芸能情報サイト『TMZ』が伝えている。現場は危険物もいっぱいというキッチンで、ニューヨーク市警の職員が到着した際にはオーブンの中に割れた皿があったという。

何かが原因で口論となり、それが激化して身体的DVに発展したという2人。「床に押し倒され、体を強く押しつけられて首や腕を負傷した」とジョセリンさんが言えば、ロイドさんも「俺だって額を切られた」と訴えたという。ともに病院で治療を受けた後、午前3時ごろには揃って家庭内暴力の容疑につき逮捕された。ファッション業界で名を挙げたい彼のためにただ貢いでいるとも囁かれたジョセリンさんのこの恋、もう終わりにした方がよろしいのでは…!?
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)