飼い犬の唾液で細菌感染した男性、両脚と手の指、鼻を失う(英)



「直接噛まれなくても唾液を通して感染するので、もし子供や誰かが舐められて感染でもしたらとんでもないことになりますし、不安で仕方ありませんでした。自分がこんな目に遭って、一時期は激しい怒りを感じ犬を責めたりもしましたが、細菌に感染したことはただもう運が悪かったのでしょう。安楽死させたことはとても悲しいですが、ハーヴィーは老犬でいずれにしても先が短かったのです。」


生死の淵を彷徨って1年半、ジャコさんは死へ近づく経験をして障がいを抱える身となったことから、自身の患者に対しても更に理解と共感の気持ちが湧くようになったという。また、苦境を乗り越えた自分の内面の強さにも気づき、病に伏していた時に家族や友人たちが自分をケアしてくれたことで、より一層彼らとの結びつきが強くなったと話している。

画像は『Manchester Evening News 2018年4月11日付「‘My dog scratched my hand - four months later I had to have my legs amputated and surgery on my face’」(Image: Manchester evening news)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る
「飼い犬の唾液で細菌感染した男性、両脚と手の指、鼻を失う(英)」の みんなの反応 4
  • 匿名さん 通報

    犬の食い物が悪かったんちゃうか、ペットフード業界もかなり闇が深いからな

    3
  • 匿名さん 通報

    あらゆる細菌、カビなどが原因となりうるが犬の口腔内にあった細菌の種類はなんなのか?

    3
  • 匿名さん 通報

    怖い病気ですね。昔は犬に舐められて喜んでいた人も、今では気を付けないといけませんね。

    2
  • 匿名さん 通報

    こういうのは迂闊に出られると他人にとっても障害となるし、事実よりも現実を見て後を追ってもらいたい

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。