アル・パチーノ(79)英アカデミー賞のレッドカーペットで転倒

アル・パチーノ(79)英アカデミー賞のレッドカーペットで転倒
第73回英国アカデミー賞でレッドカーペットに登場したアル・パチーノ
       
現地時間2日、ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで第73回英国アカデミー賞授賞式が開催された。映画『アイリッシュマン』で助演男優賞にノミネートされたアル・パチーノ(79)がレッドカーペットに登場したが、会場へと向かう階段を昇る際に転倒するハプニングに見舞われた。

アル・パチーノは、マーティン・スコセッシ監督の映画『アイリッシュマン』でロバート・デ・ニーロ(76)演じる元トラック運転手の殺し屋フランク・シーランが信頼した人物で、マフィアと深い関係があった全米トラック運転手組合のトップ、ジミー・ホッファ役を演じ助演男優賞にノミネートされた。

レッドカーペットに登場したパチーノは激励に訪れたファンの色紙にサインをしたり、カメラに向かってポーズを取るなどして明るい笑顔を振りまいた。記者からの質問に答えた後、パチーノは会場へ入場するために階段を昇ろうとするもその瞬間、つまずいて大きく転倒してしまったのだ。

驚いたのは、一緒に歩いていた恋人のイスラエル人女優メイタル・ドーハン(40)だ。彼女は急いで手を差し出し、転んだパチーノを優しく介抱した。メイタルはショックを受けた様子だったが、パチーノは立ち上がりケガもなかったという。その後、そばにいた男性スタッフらに付き添われ無事会場内へと向かっている。

この日、記者からの質問に答えたパチーノは、共演したロバート・デ・ニーロについて「彼は偉大だ。ロバートとなら何でもできる。彼と共演できるのは、俳優として素晴らしいことだ。セリフを思いついたら、彼が隣にいるのだから」と語った。

映画撮影については「作品に参加することができて、本当にラッキーだ。昔から知っている俳優陣と一緒に仕事ができたこともだ」と役者仲間への敬意を表し、「スティーヴン・ザイリアンの脚本は素晴らしい。時々、我々は誰が脚本を書いたかを忘れているが、脚本は重要だ。映画業界に入るなら、まず脚本からスタートすることだ」と脚本家へのリスペクトも伝えた。

アル・パチーノは映画『ゴッドファーザー PART II』(1974年米公開)で、44年前に英国アカデミー賞(1976年開催)主演男優賞を獲得していた。当時の授賞式について、パチーノは「70年代の出来事だろう。70年代頃については漠然とした記憶しかないんだ。出席したことは分かっているけどね」と明かしている。



(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月5日の海外セレブ記事

キーワード一覧

  1. アカデミー賞 日本

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。