映画『チャーリーズ・エンジェル』などで日本でもファンの多いキャメロン・ディアス(47)。女優業からは引退していることを自ら語っていたキャメロンだが、またスクリーンに戻ってくる可能性があると『Entertainment Tonight』が伝えている。

『マスク』で映画デビューした女優キャメロン・ディアスは、ラブコメ『メリーに首ったけ』でヒロインを演じ、ドリュー・バリモアルーシー・リューとともに主演を務めた映画『チャーリーズ・エンジェル』で日本でも多くのファンを獲得した。またアニメ映画『シュレック』では、フィオナ姫の声優を務めるなど幅広く活躍してきた。

そんなキャメロンは、2014年に全米公開されたミュージカル映画『ANNIE/アニー』への出演を最後に女優業から身を引いている。2019年にキャメロンは『InStyle』にこう話していた。

「人生の半分以上を公の場にさらしてきた。だから少しは自分のために使ってもいいんじゃないかって思ったの。」

そして女優業から離れ、2015年にベンジー・マッデン(41)と結婚。昨年12月には代理母出産でラディックスちゃんを家族に迎え、1児のママになった。

キャメロンは先月、ファッションブランド「Who What Wear」のCEOで友人のキャサリン・パワーのインスタグラムライブに出演したが、ラディックスちゃんの育児について

「母親になれて幸せよ。私の人生で最高の出来事だわ。」