バラク・オバマ前大統領の待望の回顧録が今月17日に出版される。同著を「妻と娘達に捧げる」としたオバマ氏は14日にInstagramを更新。懐かしの家族写真を公開するととともに、“マイホームパパ”ぶりがうかがえるホワイトハウス時代のマイルールを明かした。

今月17日に出版最大手「ペンギン・ランダムハウス」の子会社「クラウン・パブリッシング・グループ」より回顧録を出版するバラク・オバマ第44代米大統領「約束の地」を意味する『A PROMISED LAND』のタイトルがついた同著はVol.1、Vol.2の2部構成になっており、今月はVol.1がリリースされる。オバマ氏は同著の執筆に数年間を費やしたとされ、大統領就任中に経験した様々な政治的出来事に触れるとともに、ミシェル夫人との結婚生活などパーソナルな部分にも深く切り込んだ内容になっているという。

768ページにもおよぶ大作の出版を間近に控えた14日には、オバマ氏が自身のInstagramを更新。ミシェル夫人、長女マリアさん、次女サーシャさんとの懐かしい家族写真と『A PROMISED LAND』の献辞ページの写真を公開した。Instagramには長文のコメントも綴られており、冒頭には

「私自身の父親は幼少期にはほぼ不在でした。その事実は私が理想の父親像を描く際に影響を及ぼしました。」

とある。そして長女マリアさんが誕生した時のことを振り返りながら、自分は「子供達の成長に深く関わり、常に愛情をたっぷり注ぎ、そしてどんな時も子供を優先する」父親になることを誓った―と明かしている。その後マリアさんが10歳、