ダニエル太郎に勝利したシナー、「彼はベースラインで一瞬にして、とても堅実になる」[全豪オープン]

ダニエル太郎に勝利したシナー、「彼はベースラインで一瞬にして、とても堅実になる」[全豪オープン]
拡大する(全1枚)
「僕にとってはタフな試合だった」と3回戦を語ったシナー

1月22日、全豪オープン6日目、男子シングルス3回戦。ダニエル太郎(エイブル/世界ランク120位)に6-4、1-6、6-3、6-1で勝利し、4回戦進出を決めた第11シード、ヤニック・シナー(イタリア/同10位)が記者会見に臨み、「僕にとってはタフな試合だった」と感想を語った。

【動画】ダニエル太郎対シナー全豪3回戦ハイライトをチェック

「僕にとってはタフな試合だった。彼のことをあまりよく知らなかったんだ。スタートはうまくいったと思う。その後、僕のアンフォーストエラーが増えた時に、彼がレベルを上げてきた。彼は多くミスしなくなって、第2セットでは、少し集中力を欠いた。だから最高のパフォーマンスとは言えなかった」と試合を振り返ったシナー。

“タフな相手だった理由は?”と質問が出ると、「彼はベースラインで一瞬にして、とても堅実になる。試合中、僕のブレークポイントでも、とても良いサーブを打ってきたし、それはとてもタフなことだった。いつもなるべくブレークポイントを作って、プレッシャーをかけるようにしているけど、(結果的には)今日もそれがうまくいった。第2セットでは、彼の方が僕よりコートを広く使って、少し速いテンポで打っていたね。その後、僕は(プレーを)変えなければいけなかった。だから、僕にとって、とてもタフな試合になったんだ」とプレッシャーがかかった場面でのダニエルのサーブや、状況に応じたプレーの変化を称えている。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Tennis Classicの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「全豪オープン」に関する記事

「全豪オープン」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「全豪オープン」の記事

次に読みたい「全豪オープン」の記事をもっと見る

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク