鉄路でロシア・ウラジオストクから欧州へ 国土交通省のシベリア鉄道貨物実証輸送 3年目は1編成貸し切りで

鉄路でロシア・ウラジオストクから欧州へ 国土交通省のシベリア鉄道貨物実証輸送 3年目は1編成貸し切りで
シベリア鉄道貨物輸送再開初回となった2018年は横浜港本牧ふ頭でテープカットが行われました。 写真:上里夏生

多くの鉄道ファンが憧れる世界の鉄道の一つにシベリア鉄道が挙げられるでしょう。大平原を長い編成の列車が一直線に走る。本稿はそんなシベリア鉄道の話題。といっても運ぶのは貨物です。

2018年度にスタートしたシベリア鉄道パイロット事業(実証輸送)、3年目にあたる2020年11~12月で、国土交通省は初めてコンテナ列車1編成すべてを日本発の貨物で埋めたブロックトレイン(※)を運行します。シベリア鉄道経由ヨーロッパ行きの鉄道貨物輸送が可能かどうか見極めるのが目的。国交省の資料を基に、シベリア鉄道の可能性や課題を探りましょう。

※ ブロックトレインは列車1編成貸切の貨物列車を意味します。

ウラジオストクからモスクワへ

鉄路でロシア・ウラジオストクから欧州へ 国土交通省のシベリア鉄道貨物実証輸送 3年目は1編成貸し切りで
日本からヨーロッパへの貨物輸送ルート 画像は国交省資料から

日本からロシア、そしてヨーロッパへの貨物輸送手段には陸路(鉄道)、海路(船舶)、空路(航空機)が考えられます。輸送時間の関係で空路を使う電子部品などを除き、一般的なのは海路と陸路です。シベリア鉄道は、ロシア極東のウラジオストックと首都のモスクワを結ぶ延長9288kmの幹線鉄道。20世紀初頭に建設され、既に全線電化・複線化済みです。

日本発の鉄道輸送は1970年代ごろに始まり、ピークの1983年には年間8万3000tを運びました。1970年代は日本企業がほぼ100%の荷主だったという記録もあります。


当時の記事を読む

鉄道チャンネルニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月15日のトラベル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。